No.44 全裸で見せ合うテレホンセックスが妻と娘にバレて大惨事

風俗の代わりにビデオチャットでテレエッチ

みきおさん(43歳・男性・埼玉県・会社員)から寄せられた、ツーショットのテレエッチアプリでオナニー中に奥さんと娘さんにバレてしまった体験談です。

風俗の代わりに見つけたエロアプリ

コロナ禍になる前は、月に2回ほど風俗やメンズエステなどで性欲を解消していた40代の妻子持ちです。

でも、さすがにコロナ禍になってしまって風俗やメンズエステで性欲を解消するのに後ろめたさが出てくるようになりました。

また、自分がコロナウイルスに感染するのではないかという恐怖もありました。

そこで、ほかに性欲を解消する方法はないかと思ってネット上で探して見つけたのがいわゆるライブ系のエロアプリです。

最近のエロアプリは実際に対面をすることなく女性とコミュニケーションが取れるということで、まさにコロナ禍において性欲を解消するのにぴったりだと思って利用することにしたのです。

実際に利用したチャットアプリはおチャベリです。

おチャベリを選んだ理由は、初回に1ポイント1円のポイントを1,000ポイントもらえて、しかもメッセージ送信が50ポイントや音声通話が1分130円、ビデオ通話でも1分190円とアダルトにしてはリーズナブルだったので選びました。

実際に利用すると、すぐに19歳の大学生から「今日は休みなのに1人で退屈です。よかったら相手してください」とメッセージがありました。

そして、お小遣いが稼ぎたいのでビデオ通話がしたいと言ってきたんです。

そこで、女性とビデオ通話を通じて雑談をしつつもお着替えしてもらったり、服をちょっと脱いでほしいとか、オナニーしてほしいと要求すると、要望に応えてくれて私は40分ほど利用して射精したのです。

あっという間に時が過ぎて、大満足の性欲解消の手段だと思いました。

JKの制服でイメージプレイ

お相手女性とビデオチャットをして最初は雑談を楽しみました。

どんな雑談内容だったかというと、まず最初に自己紹介をしてもらって、趣味の話とか特技の話をしてもらいました。

そこで、大学生であることや、友達とお酒を飲むことが趣味だったり、ダンスが特技とか教えてもらいました。

そのあと、普通の雑談だけではなくて私は「初体験はいつくらいなんですか?」とちょっぴりエロい話も聞いてみたんです。

そうしたら、女性は「16歳の時に24歳の社会人の男性とエッチしたことがあります。今はお別れしてしまったのですが、この男性としかまだ経験がないんです」などとちゃんと答えてくれました。

これはエッチな話はOKだと思って「なんか性癖みたいなものはあるの?」と聞いてみました。

そうしたら、「性癖というほどでもないですが、元彼がコスプレでエッチするのが好きだったのでコスプレは好きになりました」と言ってきました。

そこで、私は水着や高校生の時の服装を着てみてほしいと要求。

そして要求に応えてくれたのです。

すごくセクシーな女性のコスプレに私の愚息はビンビンになり、我慢できずに「少し脱いでほしいな」と要求しました。

すると、恥ずかしがりながらもちょっと学生服姿では胸元を開いたりスカートをまくり上げてくれたり、水着ではお尻を食い込ませてTバックにしてくれるなどサービスしてくれたのです。

もう、興奮が高まって私はオナニーして発射しようかと思いましたが、思い切って最後に「一緒にオナニーでいきたいな」と要求してみたんです。

そうしたら、戸惑いながらもコクリとうなずいてくれて全裸になって一緒にオナニーをしてお互いにイッてしまいました。

もう興奮と気持ちよさがMAXで大満足でした。

妻と娘にバレて大惨事に

これは性欲解消に最高の方法だと思いました。

ところが、2回目に利用したときに失敗してしまいました。

それは、なんと私がリモートで性行為を楽しんでいるところを妻と娘に見られてしまったことです。

妻が娘とショッピングに出かけると行って出かけたので、すぐに帰ってこないと思っておチャベリで2回目のリモート性行為を楽しもうと思ったんです。

ところが、忘れ物したといって自宅に帰ってきたんです。

私はイヤホンをして音が漏れないようにしていて妻と娘が返ってきたことに全く気付きませんでした。

そして私が素っ裸で愚息をシコシコしているところを見られてしまったのです。

これにより、妻と娘からしばらくは白い目で見られるようになってしまったのです。

本当に後悔しています。

ただ、この後悔によっておチャベリをやめたわけではありません。

妻とはセックスレスで受け付けてくれませんから性欲を解消しないといけません。

そこで、今ではネットカフェを利用して、そこでチャットを楽しむようになっています。

おかげでストレス発散になってリフレッシュできています。

コロナ禍が終息したら風俗やメンズエステも利用すると思いますが、終息したとしても楽しいので続けていると思います。

ご投稿ありがとうございます。

確かに、ご家族ど同居されている人にとって、オナニーがバレるのが一番恥ずかしいですよね。

しかし、それは女性も同じこと。

自宅でオナれない女性は、最近はネカフェに入り浸ってオナニー配信しているチャットレディも少なくないのです。

むしろ、公共の場でもあるネカフェでオナニーするとなると、露出プレイの如く人に見られるドキドキ感も相まって、自宅でこっそりエッチするよりも濡れちゃうものなのです。

コロナ禍にはコロナ禍の、リモートセックスの楽しみ方があるのですね。

女性も性欲が溜まってむらむらしているのですから、ツーショットダイヤルやライブエッチを楽しむなら、今が旬と言えます。

2021年5月10日ツーショットダイヤル投稿体験談


PAGE TOP