No.37 女性です、オンライン授業中に内緒で一人エッチしてしまいました

オンライン授業中に一人エッチ

かすみさん(20歳・女性・東京都・大学生)から寄せられた、大学のオンライン授業中にバレないように内緒で一人エッチしてしまった体験談です。

オンライン授業中に一人エッチしてしまいました

大学生の女です。

コロナの影響で大学の授業がすべてオンラインになり、Zoomでオンライン授業を受ける日々です。

わたしは上京して一人暮らしなので、ほぼ家から出ない生活です。

オンライン授業といっても、学生の方はカメラをオフにするのが普通なので、基本的にはYouTubeを見ているのと変わらないんですよね。

だから、当然のことながら「見られない」と分かっているので、基本的にはノーメイクですし、部屋着のままパソコンに向かうのが日常です。

でも、この前、オンライン授業中にムラムラしてしまって、アソコに手を伸ばしてしまい、オンライン授業中に一人エッチしてしまったんですよね。

それが、めちゃくちゃ興奮してしまったんです…。

私なりのオンラインエッチのやり方

Zoomのオンライン授業って、学生は基本的にカメラを使いません。

語学の授業ではカメラをオンにすることもあるらしいですが、わたしが取っている授業ではカメラを使わないんです。

だから、授業中になにをやっていてもバレないんですよね。

でも、実際にZoomをやりながら一人エッチしてしまった感想としては、「見られない」と分かっていても、「誰かに見られるかもしれない」という罪悪感から、めちゃくちゃ興奮するということです。

カメラがオフになっていても、カメラが自分の方を向いていて、もしかしたら見られてしまうかもしれないと想像するだけで、いつもよりも濡れてしまいました…。

さすがに上半身は脱ぎませんでしたが、下半身は下着だけになり、片手でアソコを触り、もう片方の手で乳首を…。

本当に自分でもすけべな変態だと思いつつ、止まりません。

マイクもオフにしているのですが、万一を考えると声も出せず、それが逆に興奮しました。

Zoomだとカメラに写っている上半身しか見えないので、下半身でエッチな行為をしていても相手にはバレません。

わたし以外にも、オンラインエッチという禁断の一人エッチにハマっている女子はいるはずです。

女は見られて興奮する

オンライン授業で一人エッチするという行為は、さすがに罪悪感があります。

それが逆に興奮してしまうとも言えますが、わたしの場合、本当にエロいことをしたい時には、匿名でライブ配信をします。

ライブ配信だと普通はイチナナが有名ですが、イチナナはエッチな行為が禁じられているので、アダルトOKのライブチャットのアプリがメインです。

わたしがエロ配信をする時は、顔が映らないようにするか、マスクをして身バレしないようにして配信します。

それでも、男性からエロい言葉を投げかけられると、めちゃくちゃ興奮してしまいます。

そのお返しに、ポロリも期待されているので、見せられる範囲で応えています。

女って、見られると興奮する生き物だと思います。

自分を性の対象にされて、男性が一人エッチしていると想像すると、嫌悪感というよりも興奮の方が上回ってしまうというのが素直な感想です。

ASMRといって、耳元で囁くようにつぶやいたり、わざと唾の音をたてたりして、見られながらするオンラインエッチはコロナで家にいても楽しめる大人の娯楽だと思います。

ご投稿ありがとうございます。

一昔前まで、テレビ電話で映像を見せ合いながら一緒にオナニーする場としては、ライブチャットが主流でした。

しかし、17Liveのようなライブ配信アプリの普及や、Zoomのようなオンラインミーティングの普及によって、スマホのビデオ通話を使ったテレビ会議のシステムが一気に増えましたよね。

最近では、オンライン飲み会、Zoom飲み会といったテレビ電話の使い方もごく当たり前になりました。

しかし、大学のオンライン授業中に、オナニーしてしまうなんて、相当エッチですね。

確かに、エロライブ配信が普及し、おっぱいや下着をポロリしてくれるエロライバーが増えました。

ツーショットの場合、他人に覗かれる心配がないので、女の子も安心してライブ配信に専念できるのですね。

恋人同士や、セフレとの「オンラインエッチ」も、コロナをきっかけに爆発的に増えていることでしょう。

見られて興奮するという性癖にお気付きなら、ぜひ、そんなエロライブ配信で、エロライバーとして定期的に配信することをおすすめします。

17Liveは有名ライバーが多く、そこで知名度を上げるのは至難の業ですが、アダルトOKのエロライバーは有名な子がまだそれほど多くないので、すぐに人気者になれるはずです。

自分のポロリを数百人、数千人に覗かれると思うと、それだけで興奮しますよね。

自粛ムードでステイホームが続く退屈な日々だからこそ、オンラインエッチという最高にエロいライブ配信を、今この機会に楽しまなければ損と言えます。

2020年7月26日ツーショットダイヤル体験談


PAGE TOP