ツーショットダイヤルの料金請求について

結論

実際に使った分だけ払えばOK

最初に結論を言います。

ツーショットダイヤルの利用料金は、実際に使った分だけ支払えばOKです。

逆に言えば、使ってないのに支払う必要はありませんし、使った以上の高額を支払う必要もないんです。

この記事では、具体的にどのような請求が妥当で、どのような督促を無視してもいいのか、具体例を挙げて紹介していきます。

踏み倒すとどうなる?

ツーショットダイヤルの請求を踏み倒すのは、レストランで食事をしたのに代金を払わずに逃げるようなものです。

犯罪ですよね。

しかし、請求自体が無効な場合は、支払う必要はありません。

つまり、言い換えれば、踏み倒してもOKということになります。

本来、支払うべき請求を間違って踏み倒してしまったり、逆に、支払う必要のない督促に騙されてしまうことがないよう、この記事の中で、支払うべきケースと、支払わなくてもよいケースを解説します。

無料で遊べるツーショットダイヤル

本来、ツーショットダイヤルにしても、アダルトアプリにしても、無料で楽しめるお試しポイントが付与されるのが普通です。

つまり、無料で遊べるんです。

但し、無料で遊べるのはあくまでもお試しなので、その番組やアプリが自分に合っているのかどうかを確かめるためのサービスなんですね。

事実、ツーショットダイヤルと一口に言っても、10代や20代の若い女性中心の番組もあれば、50代や60代のシニア世代、つまり熟女女性をターゲットとした番組もあります。

ツーショットダイヤルは、スマホアプリも含めると100前後は存在するので、それらの番組の無料分を楽しむだけでも、何年も楽しめる計算になるんですね。

料金請求で悩む前に、まずは無料で遊べる分を楽しみ尽くすのが賢い大人の遊び方と言えます。

料金請求のパターン

使ったけど未払いのパターン

ツーショットダイヤルは、無料で遊べます。

但し、お試しポイントを使い切れば、そこからは正規の料金がかかります。

スーパーの試食だけでお腹いっぱいにしようとする人なんて、いませんよね。

スーパーの試食で試して、美味しければ買って帰るように、ツーショットダイヤルも無料ポイントで遊んでそのまま利用し続けたい人は、正規の料金を払うのが常識なんです。

ツーショットダイヤルの料金は番組によって様々ですが、例えば、1分100円の場合なら、10分で1,000円、30分で3,000円というように料金がかかります。

料金を高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、風俗店で気持ちいいことをして3万円、5万円と取られるのに比べたら、安いものですよね。

会社の同僚とつまらない飲み会に3,000円、5,000円と消えていくのなら、ツーショットダイヤルで生身の女性と遊んだ方がどんなに価値が高いか、賢い大人なら一目瞭然と言えます。

使った分以上に延滞料を督促されたパターン

ツーショットダイヤルのお悩み相談として多いのが、利用した料金よりも多くの請求を督促されるパターンです。

基本的に、常識に照らして考えられないような督促をしてくる業者は悪徳業者であり、ツーショットダイヤルを運営していない架空の業者である可能性が高いと言えるでしょう。

少々専門的な話にはなりますが、事業者が、消費者に対して請求できる延滞料には、法律で上限が決められています。

2020年4月(令和2年)、民法の改正に伴い、遅延損害金の上限は3%と決められました。

さらに、消費者契約法の9条2項という条文には、14.6%の利率を超える部分について無効となると規定されています。

このような法律に照らして考えれば、ツーショットダイヤルを利用する前の段階で、利用者と番組側が延滞金について合意していたとしても、上限である3%、もしくは多くても14.6%を超える督促をしてはいけないと法律で決められているのです。

言い換えるなら、それ以上の請求、督促をするのは、違法なんですね。

さらに言えば、番組を利用する前に、明確な合意がなければ、そもそも番組を利用したという契約そのものが無効になるんです。

このようなパターンの場合、正規の料金を超える部分については、支払う義務がありません。

つまり、合法的に踏み倒してもOKなんです。

そもそも使っていないパターン

ここまで、ツーショットダイヤルの利用料金を支払うべきパターンと、支払わなくてもよいパターンを紹介してきました。

しかし、ツーショットダイヤルの督促や請求が来た場合でも、そもそもその番組を使っていなければ、その督促そのものが違法となります。

つまり、架空請求となるパターンです。

世の中には、名簿業者や、個人情報を売買する業者が存在しているため、今までに一度もツーショットダイヤルを使っていないにも関わらず、あたかも使ったかのような文面で督促を送ってくる業者もいるんですね。

このようなパターンは、完全に支払い義務がないパターンです。

行政機関や弁護士に相談すれば、必ず勝てるパターンと言えるでしょう。

まとめ

ツーショットダイヤルは合法的な娯楽

ツーショットダイヤルを運営するためには、警察署に届け出をしなければなりません。

無届けで運営することは、違法なんです。

なので、アダルトな番組とはいっても、きちんと警察署に認可されている合法的な娯楽なんですね。

風俗店やラブホテルが合法的に運営されているのと同様に、ツーショットダイヤルも合法なサービスであり、正規料金を払って生身の女性と交われる、大人の娯楽なんですね。

逆に言えば、お金さえ払えば、美味しい思いをできることがほぼ保障されているサービスとも言えます。

もちろん、相手が生身の女性である以上、それなりの経験とテクニックは必要ですが、そんなプロセスを経て辿り着くからこそ、極上の快楽が得られると言えるでしょう。

前払い・クレジットカード払いが安心

督促や請求をまったく心配しなくてもいい遊び方が、前払い、あるいは、クレジットカード払いによるツーショットダイヤルの利用です。

これなら、本来支払うべき正規の料金を滞納することはありませんし、支払わなくてもよい延滞料のような高額請求に騙されることもありません。

当サイトで紹介しているだけでも100前後は無料で遊べる番組があるのですから、まずは無料で遊び尽くすのが大人の嗜み方。

たっぷり気持ちよく抜いてお気に入りの番組に辿り着いたら、ほんの少しの料金を払って本当の快楽へと足を踏み入れると本当の射精が待っています。

オフパコは早い者勝ち

ツーショットダイヤルは、一期一会です。

基本的に、声のエッチを楽しむ場なので、女性の方もオナニーやテレセを目的に集まっています。

事実、イチナナや斉藤さん、クラブハウスといったおしゃべりの場はたくさんありますが、エロがOKのテレセに適した場は今も昔もツーショットダイヤルなのですね。

声のエッチを楽しみたい女性に混じって、生ハメを希望するオフパコOKの女性もちらほら。

どのようなタイプの女性にしても、今、この瞬間にたった一人の貴重な女性が電話をかけてきているのですから、あなたが繋がらなければほかの男性に盗られることを意味します。

つまり、今この瞬間にあなたがツーショットダイヤルをやらないなら、ほかの誰かがその女性と気持ちよくなるんですね。

それって、悔しいですよね。

というか、もったいないですよね。

ツーショットダイヤルは、今やるのが正解なんですね。

無料なんですから。


PAGE TOP