電話エッチしたい!今すぐやれる相手募集から言葉責めのやり方まで徹底解説

電話エッチしたい!今すぐやれる相手募集から言葉責めのやり方まで徹底解説

目次

はじめに

電話エッチは今が旬

電話エッチしたい!

そんなあなたに朗報です。

最初に結論を言うと、電話エッチは、今が旬です。

これが、結論です。

目の前で対面していない男女が、電話を介してエッチをするという行為は、時代の変化によって女性も当たり前のプレイの一つと知られるようになりました。

実際、遠距離恋愛や単身赴任などのレアなケースに留まらず、コロナ禍ではリモートエッチが一般化。

妻や恋人、セフレとのエッチも電話でする時代になりました。

さらに、スマホ保有率や高性能化、ビデオ通話によるライブ配信の一般化により、一般人でも映像を見せ合う文化が定着。

電話オナニーは、セックスもオナニーも超えた新しい性行為として、今が旬を迎えています。

遠隔バイブが電話エッチを変えた!

電話エッチの時代を変えた主役の一つが、遠隔バイブです。

事実、90年代から2000年代にかけて、ライブチャットという名のテレビ電話の見せ合いオナニーは既に存在していました。

しかし、離れた場所にいる男女がライブで繋がったまま、女性の手元にあるバイブを男性がリアルタイム操作可能になったのは、ごく最近のことです。

「Lovense(ラブンス)」に代表される遠隔バイブは、電話エッチというバーチャルなプレイに、女性の性器を男性の意思で攻められる手段を誕生させたのですね。

電話オナニーは、相互オナニーとも言われるように、男女双方が、それぞれに自慰行為をするプレイでした。

しかし、遠隔バイブで性器と繋がったことで、電話エッチはセックスともオナニーとも違う、新しい時代の性行為に発展したと言えます。

電話エッチの注意点

電話エッチしたい!

そんなあなたに朗報です。

電話エッチは、誰でも今すぐに、しかも無料で楽しめる性行為です。

この記事では、相手の見つけ方、誘い方、言葉責めのテクニックまで完全網羅して解説しています。

但し、そんな電話エッチにも、注意点があります。

その一つが、誘い方を間違えると、電話エッチを断られるだけでなく、異性から人格を疑われてしまう可能性も秘めているんですね。

確かに、女性側も電話エッチを理解し、求めているのは事実です。

しかし、それが妻や彼女なのか、赤の他人のセフレなのか、相手が誰なのかによってアプローチを変えなければ、取り返しのつかない気まずさを生み出してしまうんですね。

この記事では、そんな失敗をしないために、電話エッチの注意点にも言及しています。

今ここでブックマークして、ぜひ最後までしっかり読んで、電話エッチを堪能してください。

基本① 電話エッチとは

電話エッチの基本は相互オナニー

電話エッチしたい!

そこで最初に思いつくのが、音声通話によるエッチな会話ではないでしょうか。

実際、電話エッチの基本は音声通話による声のエッチ、すなわち「相互オナニー」が基本です。

相互オナニーとは、その名の通り、男女それぞれが電話をしながら自慰行為をすること。

言い換えるなら、自慰行為の聞かせ合いとも言えます。

お互いの様子が見えない音声通話において、恥ずかしがらずに思い思いのオナニーができるため、後述するイメージプレイにも向いています。

また、顔出し不要の電話エッチは、妻や彼女、セフレのような顔見知りとのプレイに限らず、後述するツーショットダイヤルや出会い系を介した、新規の電話エッチフレンドとのプレイにも適しています。

電話エッチそのものは、90年代には既に存在していましたが、そこから派生して新しい文化が生まれました。

その一つが、テレビ電話による見せ合いプレイです。

電話エッチの見せ合いプレイ

実は、90年代から2000年代にかけて生まれたアダルトライブチャットにおいて、既に、オナニーの見せ合いプレイは存在していました。

しかし、スマホの登場と高性能化、インターネット回線の高速化とその普及に伴い、わざわざパソコンを持たなくても誰でもテレビ電話を楽しめる時代が到来し、それが電話エッチを変えたのです。

すなわち、テレビ電話エッチによる見せ合いプレイです。

そもそも、音声通話が主流だった時代において、オナニーを聞かせ合う行為は想像力を膨らませて楽しむアナログな娯楽でした。

しかし、スマホによるテレビ電話の普及で、相手がオナニーしている姿をライブで見られるという視覚要素が加わったんですね。

それに伴い、相手の表情や肉体を覗きながら、よりリアルな性行為を楽しめるようになったと言えます。

現在、このテレビ電話エッチが主流になり、さらにリモート操作可能な遠隔バイブや、VRカメラとの融合によって、電話エッチはさらに進化をしています。

最新の電話エッチについては、この記事の後半で詳しく解説します。

電話エッチの語源、由来

電話エッチという言葉は、音声通話による男女の会話と、オナニー声や喘ぎ声を聞かせ合う性行為を合わせたオナニーの一種です。

電話を介してお互いが自慰行為に耽るという形式上、対面で行うセックスとは異なる語として発展しました。

しかし、スマホのビデオ通話を用いたテレビ電話エッチへと進化した今、オナニーの一種というよりも、対面におけるセックスの一つに近づいていると言えます。

そもそも、テレクラ(テレフォンクラブ)と言われる店舗型風俗店において、固定電話で男女がエッチな会話をしていた文化がその由来です。

電話エッチという言葉は、テクノロジーの進歩とそれを使う人類の性行為の変化によって、過去、現在、未来へと定義が変化していく語彙の一つです。

基本② 電話エッチの歴史、背景

音声通話の電話エッチ

一口に電話エッチと言っても、その電話エッチをいつ、誰と行うかによって細分化できます。

例えば、電話エッチの由来にもなったテレクラや、そこから発展したツーショットダイヤルは、かつては固定電話が主流でした。

固定電話はやがて携帯電話に以降し、それがスマホに置き換わると、電話番号をダイヤルして相手と繋がる音声通話ではなく、LINEやスカイプ、カカオトークに代表されるスマホアプリの選択肢が増えました。

その変化に伴い、電話番号を相手に知られずに話せる、プライバシー面の安全性も高まります。

電話エッチというアナログな性行為は、デバイスやテクノロジーの変化に支えられて、女性からの支持を失わずに保つことに成功したのですね。

ビデオ通話の電話エッチ

テレビ電話エッチの誕生に欠かせないのが、スマホの登場です。

誰もがスマホを持つ時代、老若男女問わず、誰もが見せ合いプレイを楽しめるようになりました。

90年代から2000年代にかけて、既にアダルトライブチャットという最先端の見せ合いプレイは存在していましたが、それが誰でも手元で楽しめる時代になったんですね。

社会の変化も、電話エッチに影響を与えた要素の一つです。

テレビの視聴は、YouTubeやソーシャルメディアに置き換わり、インフルエンサーだけでなく一般個人もライブ配信を行うのが当たり前の時代になりました。

すなわち、スマホのビデオ通話と同様に、ライブ配信を介して顔出しをすることも、抵抗なく受け入れられたのがテレビ電話オナニーの敷居を下げたと考えられています。

通話中に電話エッチ

変わり種として、通話中にこっそり電話エッチするのも粋なオナニーです。

昔から、異性と電話をしている最中に、こっそりシコシコして自慰行為をしてしまう人も少なくありませんでした。

それが発展し、例えばZoom会議のように、不特定多数とビデオ通話で繋がっている通話中に、カメラに写っていない下半身を露出したり、性器を弄るややハイリスクなオナニーも興奮度を高めます。

実際、彼氏やセフレと会話をしながら、乳首やクリを内緒で弄ってしまう女性もいるほど。

電話エッチは、通話相手との相互オナニーが基本ですが、相手に気付かれずに行われることもあるという点において、それも広義の電話エッチの一つと言えます。

基本③ 電話エッチの相手

既存の妻、彼女、セフレと電話エッチ

電話エッチしたい!

そんなときに最初に思い浮かべるのが、妻や彼女、セフレといった既存のパートナーの存在ではないでしょうか。

しかし、既に顔見知りのパートナーに電話エッチを求めるのは、その誘い方に注意が必要です。

なぜなら、誘い方を一歩間違えると、変な性癖があると思われたり、最悪の場合、人格を疑われてしまうことも。

具体的な誘い方、誘導方法、口説き方はこの記事の後半で解説していますが、身近なパートナーを電話エッチに誘うのは要注意、という点を今は押さえておいてください。

新規の電話エッチフレンド

電話エッチを思いっきり楽しむなら、リスクのない新規の出会いがベストです。

例えば、ツーショットダイヤルや出会い系サイトなど、顔も名前も知らないパートナーを作れば、どんなに変態なプレイもリクエストしやすくなります。

もちろん、匿名の出会いにも信頼関係は必要ですが、新規の出会いが電話エッチの最高のパートナーになる、という点を押さえておいてください。

ソーシャルメディアの通話相手募集は危険

ツイッター(現X)やインスタのような、ソーシャルメディアで通話相手募集するのは、絶対にやめてください。

そもそも、ソーシャルメディアのアカウントは、誰でも何個でも作れるものなので、業者や怪しい勧誘が絶えません。

そもそも、女性を名乗っているアカウントが、本当に女性なのかどうかも確かめようがないんですね。

逆に、年齢確認や本人確認が必須の出会い系サイトは、むしろ安全です。

アダルトサイトとはいえ、きちんと運営されているサービスの方が、無法地帯のソーシャルメディアよりもよっぽど安全空間なんですね。

もしも、大人の女性だと思い込んで未成年の児童と電話エッチしてしまったら、逮捕されてもおかしくありません。

無用なトラブルを避けるためにも、ツーショットダイヤルのような専門サービスや、会員登録が必要な出会い系サイトがベスト、という事実を覚えておいてください。

選び方① 電話エッチサイトの選び方

年齢層から電話エッチサイトを選ぶ

電話エッチサイトを比較、検討する場合、実際に話したいお相手の年齢層から考えるのが有効です。

例えば、若い女性を狙うのと、人妻や熟女を狙うのとでは、ベストなサイトが全くことなります。

特に人気のジャンルとして人妻が挙げられますが、人妻専門サイトを選べば本物の既婚女性と電話エッチを楽しめます。

逆に、若い女性を求めている場合、音声通話の電話エッチサイトよりも、若い人が多いテレビ電話エッチアプリの方が適していると言えます。

目的から電話エッチサイトを選ぶ

電話エッチサイトの比較は、あなたの目的から攻略するのも一つの手です。

例えば、自宅から電話を介して相互オナニーで抜きたい場合と、実際に対面で会ってセックスしたい場合とでは、やはり適したサイトが異なります。

相互オナニー目的ならテレホンセックスに強いサイトを、リアルの生ハメなら出会いに強いサイトを選ぶと、それを求めている女性とのマッチングが効率的になります。

機能、コーナーから電話エッチサイトを選ぶ

電話エッチサイトの比較は、機能やコーナーから絞り込むのも有効です。

例えば、電話をかけてきた女性と先着順やランダムですぐ繋がるタイプもあれば、事前にボイスメッセージを録音したり、視聴してから電話が繋がるタイプもあります。

もちろん、音声通話に特化しているサイトもあれば、テレビ電話がメインのサイトもあります。

どのような女性とやれるかだけでなく、どんな機能、コーナーを備えているかにも着目すると、電話エッチまでの過程が効率的になります。

選び方② 通話相手の選び方

既存のパートナーを誘うパターン

電話エッチの相手として、妻や彼女、セフレのような既存のパートナーを誘いたい場合、上手に誘導するためのセリフ、文言に注意が必要です。

対面でエッチしたことがある相手の場合、同じように電話エッチもしてくれると思いがちですが、対面のエッチと電話エッチは女性の中では別物なんですね。

事実、対面でエッチすることに抵抗のない女性でも、電話でオナニーを聞かせ合うプレイに引いてしまう人も。

元々、お互いを知っているパートナーを誘うときこそ、理解を得られるかどうか探るプロセスが欠かせません。

実際、すぐ使える例文やセリフは、この記事の後半で解説します。

新規のパートナーを開拓するパターン

新規で電話エッチフレンドを見つけるのが、電話エッチを楽しむベストな回答です。

もちろん、自宅でじっくり相互オナニーするのも抜けるプレイですが、出張先や旅先で、その土地の女性と電話エッチするのも粋な抜き方です。

特に、出張中や旅行中の場合、電話エッチからの流れで会ってエッチさせてくれる即ハメ、即ハボも難しくはありません。

対面エッチを加味したパターン

最初から、対面のセックスを求めている女性と、電話エッチを楽しむのも一つの手です。

例えば、最近の出会い系サイトやマッチングアプリには、実際に会う前に音声通話やビデオ通話を楽しめる機能もあります。

事実、ネット上で知り合った相手といきなり対面するよりも、声を聞いたり映像を見てからの方が女性も安心ですよね。

しかも、音声通話やビデオ通話なら、どのような交際を希望しているのか、どこまでやれるか、お互いの交渉もスムーズです。

しかも、電話エッチしてから対面すれば、その後のセックスがさらに盛り上がるのも見逃せません。

選び方③ プレイの選び方

相互オナニーが基本プレイ

電話エッチは、相互オナニーが基本です。

相互オナニーとは、電話を介してお互いがオナニーを聞かせ合う行為で、男女双方が同時にオナニーするパターンと、どちらか一方が相手に指示、命令するパターンとに分けられます。

相互オナニーは、電話を介して繋がっているリモートプレイなので、当然のことながら相手に直接触れたり、性感帯を責めることができません。

そのため、射精するタイミングを合わせるのが難しく、場合によっては演技も必要になります。

オナ指示やセリフの例文は、この記事の後半で詳しく解説します。

バーチャルセックスで疑似プレイ

お互いがオナニーを聞かせ合う相互オナニーの発展型として、リモートで繋がっている相手と、まるで対面でセックスしているかのように振る舞うバーチャルセックスも醍醐味です。

相互オナニーの場合、あくまでも双方が自慰行為をしているだけなので、相手にその自慰行為を指示、命令することしかできません。

しかし、バーチャルで疑似セックスをする場合、実際に対面でセックスしている名目で話が進むため、まるで本当に相手の性器に触れているかのような、挿入しているかのような発言に変わります。

例えば、「今からアソコにペニスを入れるよ」「入ってきた、もっと突いて」という風に、実際は声だけでも、まるで相手と生で繋がっているかのようにロールプレイをするのがこのタイプの電話エッチです。

最近では、ネットを介してリモートで動かせる遠隔バイブや、VRカメラの没入感も加わり、バーチャルセックスはどんどん進化しています。

イメージプレイが醍醐味

電話エッチは、イメージプレイが醍醐味です。

そもそも、音声通話の電話エッチなら顔出しさえも不要ですし、テレビ電話エッチでも隠したい部分は隠せます。

そこで、妄想でなりたいキャラの声を演じたり、コスプレを交えたりすることで、アニメやマンガ、ゲームのような架空のキャラになりきって疑似的にセックスを楽しむプレイも盛んです。

また、SMプレイや調教プレイはもちろん、痴漢やレイプのような犯罪を模したプレイも、電話エッチの中だから楽しめる醍醐味であり、それを求めて電話をかけてくるエロい女性が多いのも事実です。

やり方① 電話エッチの流れ、全体像

通話相手を探す、出会う

電話エッチしたい!

それを最短で実現する最初のステップは、通話相手を観察することから始まります。

そもそも、電話エッチの相手とは、既存の女性パートナー、または、新規で出会うパートナーの2種類に分類されます。

妻や彼女、セフレの場合、既にその相手を知っているのですから、多かれ少なかれ、性の好みも想像しやすいと言えます。

逆に、これから新規の通話相手募集をする場合、そのお相手が電話エッチを好むのかどうかという点はもちろん、そもそも、性癖自体を一から手探りで観察しなければなりません。

逆に言えば、電話エッチをしようとしているお相手が既存の知り合いでも新規の出会いでも、相手の性癖をよく観察し、それに合わせたアプローチを試みることによって、電話エッチへの移行がスムーズになります。

電話エッチの通話相手を誘う方法、出会い方の詳細については、次の章でさらに詳しく解説しています。

電話エッチに誘う、口説く

電話エッチのお相手を見定めたら、いよいよリモートでエッチな会話に誘導します。

ここでは、いきなり相手にオナニーをさせるのではなく、下ネタトークから徐々にムードを作り上げるのがポイントです。

電話エッチという行為が初めての女性や、電話を介して相互オナニーをするという行為自体を全く想像もしていない女性もいるため、相手の知識レベルに合わせたアプローチが欠かせません。

逆に、電話エッチという行為を認識している女性や、それを望んでいるお相手の場合、このプロセスを飛ばしてより直接的に電話エッチに移行するのも相手次第です。

PDCAサイクルを回す

無事に電話エッチを頼んだら、それで終わりにしてはいけません。

電話エッチの内容を振り返り、よくできたこと、できなかったことをリストアップし、次回に繋げます。

それを、PDCAサイクルを回すと言います。

PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字からなる用語で、商品やサービスなどの品質を高めるプロセスを確実に遂行するための概念です。

元々はビジネスの現場で用いられることが多かった用語ですが、電話エッチの質を高めるためにも有効とされています。

すなわち、ただやみくもにエッチな発言を押し付けるのではなく、どのような電話エッチが盛り上がるのかを事前に計画し、その計画に則ったプレイを行い、行為の後にそれを検証し、次の電話エッチへの改善に繋げます。

これを繰り返すことで、そのお相手との電話エッチの質が向上すると同時に、あなた自身の電話エッチ力の向上にも繋がります。

やり方② 電話エッチの誘い方

妻、彼女の誘い方

妻や彼女のような、本命のパートナーと電話エッチしたい場合、より慎重に言葉を選んで誘わなければなりません。

そもそも、電話エッチという行為に理解のある女性がいる一方で、全く理解のない女性、むしろ偏見を持ってしまう女性も同じかそれ以上にいる、という点を押さえておいてください。

そのため、電話を介して相互オナニーをする以前に、軽めの下ネタトークから始めるのが鉄則です。

そして、その下ネタへの相手の反応を見つつ、エッチな気分の盛り上がりに合わせて徐々に過激度を高めていく。

例えば、いきなり「一緒に相互オナニーしよう」と誘うのではなく、「声を聞いてたらムラムラしてきちゃった」「オナニーしていい?」という風にあなた個人のオナニーを認めさせつつ、「○○(相手の名前)も触ってみて」「下はどうなってる?」という風に相互オナニーに移行します。

このような論法を用いることで、電話エッチを知らない女性、電話エッチに理解がない女性を、徐々に電話エッチフレンドの代替として育てていくことに繋がります。

セフレ、初対面女性の誘い方

セックスフレンドの女性や、セフレにしようとしている女性が電話エッチ相手の場合、より過激な下ネタを直接的に用いる方が効果的です。

軽めの下ネタで様子を見るのではなく、いきなり「実は今、ペニスをシコシコしている」「○○(相手の名前)に入れてることを想像してオナニーしている」という風に、あからさまな自慰行為を示します。

相手がセフレやその候補の場合、セックス込みの交際を期待している側面があるので、その方が相手も燃えますし、濡れます。

そして、電話による相互オナニーをした後に、対面でセックスする場面でより激しいセックスを楽しめるという利点も見逃せません。

電話エッチのみ希望者の誘い方

例えば、ツーショットダイヤルに電話をかけてくる女性や、出会い系サイトで通話相手募集をしている女性のように、最初から電話エッチを求めている女性がお相手の場合は、いきなり電話エッチから入ることも可能です。

但し、一口に電話エッチと言っても、そのプレイのジャンルや相手の知識レベルに差があるので、やはり相手の性癖、性知識を観察することが欠かせません。

例えば、電話エッチでSMプレイをしたいと望んでいる女性でも、軽めの言葉責めで非日常を味わいたいソフトな女性から、本格的な調教プレイを経験済みのプロまで、SMプレイの知識も様々です。

このように、電話エッチのプレイ、設定は多岐にわたるため、そこで齟齬が起こらないように慎重になる姿勢も欠かせません。

やり方③ 電話エッチのコツ、攻略テクニック

電話エッチの心構え

電話エッチしたい!

でも、ちょっと待ってください。

実際にテレフォンセックスという行為をする前に、必ず知っておいて欲しいことがあります。

それは、恥じらいを捨てるということ。

ほんの少しでも、あなた自身の中に恥ずかしいという感情があると、その電話エッチは失敗します。

そもそも、対面していない相手と、電話を介してオナニーを聞かせ合う、バーチャルでセックスを模した行為をするというのは、多少なりとも恥ずかしさがあるものです。

しかし、それは相手も同じですし、それは本当に望んでいる電話エッチに壁を作り、気持ちよさも半減してしまうきっかけになり得るんですね。

それを防ぎ、克服するためには、練習が欠かせません。

誰にも聞かれていない、見られていない状況下なら、どんなに卑猥な言葉もポーズも可能なはずです。

しかし、誰かに聞かれている状況だと、それが急に恥ずかしくなってしまうのです。

だから、電話エッチは本番でもあり、練習でもあると考え、失敗を恐れずに恥ずかしい言葉を発する。

恥じらいを捨てることで、非日常の会話が生まれ、お相手の理性のブレーキを外すことになります。

音、聴覚を使った電話エッチ

電話エッチは、音が命です。

もちろん、最近はビデオ通話を用いたテレビ電話エッチも盛んですが、基本的に、非対面のリモートで行う電話エッチである以上は、音の活用が欠かせません。

そもそも、お相手とお互いの性器に触れ合える普通のセックスと異なり、電話エッチには直接身体に触れられる外的な刺激がないため、それを補えるのも音の特徴と言えます。

電話エッチによる音の活用は、例えば、舌と唾液を上手く組み合わせて、ぴちゃぴちゃ、くちゅくちゅという音を立てるのがその代表例です。

耳元でいやらしい音を立てることで、それがキスや乳首責め、クンニを連想させ、リモートでありながらもリアルなセックスを体現します。

マンネリ化を防ぐアイデア

電話エッチは、対面のセックス同様に、マンネリ化を防ぐ努力が欠かせません。

どんなにエッチが好きな淫乱女性でも、毎回同じプレイをされたら興奮も薄れてしまうからなんですね。

そこで欠かせない考え方が、非現実的なプレイ、シチュエーションを設定した電話エッチです。

例えば、レイプや痴漢プレイのように、現実では難易度の高いプレイや、上司と部下、先生と生徒のようなレアな設定を用いつつ、そのアイデアを切らさないように常に情報収集をする。

そして、その中でも実現性のある行為、例えば、ネカフェや車内のような、やや難易度の高いシチュエーションを電話エッチに盛り込んでいくことで、あなたとの電話エッチは飽きられることなく次を期待され続けます。

また、それは一見遠回りしているように思えますが、対面して行う現実のセックスへの近道と言えるかもしれません。

やり方④ 電話エッチをやる場所について

自宅で電話エッチ

電話エッチをやる場所は、自宅が基本です。

お相手にとっても、人に見られずに自分の部屋から電話エッチするのがベストであり、バイブやローターなど好みのグッズも併用できます。

また、本気で激しいオナニーをする女性にとっては、行為の後にそのままシャワーを浴びることができる利便性も欠かせません。

女性の下着は、男性が思っている以上に濡れるものですし、濡れたアソコを一旦流したいという女性心理の配慮にも繋がります。

ちなみに、自宅からの電話エッチの発展型として、自宅の玄関やベランダなど、お隣さんにバレそうなシチュエーションに試みるのも、女性が喜ぶアイデアの一つです。

ホテルでも電話エッチ

自宅からの電話エッチと並んでおすすめなのが、宿泊しているホテルからのプレイです。

例えば、出張先や旅行先で、滞在しているホテルがそれに当たります。

自宅のあるご近所ではなく、出張先や旅先といった非日常の土地に身を置くことで、普段とは異なる非日常がそのオナニーを特別なものにします。

また、それぞれの土地でその地元の女性と電話エッチすることで、今日会える女性、今日やれる女性をゲットして生セックスに移行できるナンパ要素も楽しめます。

野外からの電話エッチが熱い

電話エッチの醍醐味は、なんと言っても野外からのプレイです。

そもそも、対面で行うリアルのセックスは、少なくともベッドの上で行うのが基本であり、野外プレイはごく少数に限られます。

しかし、スマホ一つでいつでもどこからでも行える電話エッチは、公園や車内、職場や路上など、場所を選ばずいつでも楽しめる性行為に発展しました。

また、家族や同僚など、周りに人がいる状況でエッチな電話をするのも、羞恥心を最大限に活かした電話エッチの醍醐味です。

普通の電話エッチに慣れてきたら、より非日常の世界を味わえる野外を加味したプレイに移行するのも一つの手です。

やり方⑤ 電話エッチの後戯とは

電話エッチで後戯する意義

電話エッチを楽しむ上で必ず知っておいて欲しいことの一つが、後戯の重要性です。

普通のセックスにおいて、前戯が重要視されがちですが、意外と見落とされがちなのが後戯ですよね。

それと同様に、電話エッチにおいても後戯は欠かせません。

後戯は、電話エッチでいかに気持ちいい射精をするか、という視点以上に、次の電話エッチをより良くする必須のマナーと言えます。

後戯の基本

後戯の基本は、相手を褒めるということ。

相手が聞かせてくれたオナニー声や喘ぎ声を褒めて、それがいかに気持ちいいオナニーの一助となったか、言葉できちんと伝えます。

お相手は、自分の電話エッチが褒められることで、それを次回も行おうとしますし、より向上させたいという意欲に繋がります。

これが、さらなる電話エッチの質の向上に直結します。

なるべく、具体例を挙げながら、その電話エッチのどこが良かったのか、明確に伝えるようにすると次の電話エッチがさらに盛り上がります。

後戯の発展

電話エッチでも後戯が大事、というお話をしましたが、その発展として、電話を切った後にエッチな会話を続けるのも一つの手です。

電話エッチのお相手が、妻や恋人のようなリアルなパートナーでも、電話のみで繋がっている電話エッチセフレでも、電話以外の連絡手段を持つことは有効です。

LINEやスカイプ、カカオトークのようなメッセージングアプリや、フリーメールでもOKです。

お相手と文字のやりとりができる手段があるなら、後戯の発展として、エッチな感想を送ったり、卑猥な下ネタを送ることで、それを見た相手がさらに濡れます。

家庭や職場のような日常生活の中に、非日常の電話エッチが現れることで、次の電話エッチが待ち遠しくてうずうずしてしまうのが女性の性というものです。

やり方⑥ 電話エッチを盛り上げるアダルトグッズ

女性のバイブ所有率は意外と高い

今の時代、女性のバイブ保有率は増加傾向です。

そもそも、昔はアダルトグッズを購入する手段が限られていましたが、今ではアマゾンでもドンキホーテでも、当たり前のようにアダルトグッズが手に入ります。

また、バイブやローターといったグッズそのもののデザイン性も、女性が好むスタイリッシュな色、形状に変わり、女性の自慰行為もセルフプレジャーと呼ばれるようになったことから一般化。

本人は言わないだけで、バイブの一つや二つ所有しているのが女性の現実です。

もちろん、電話エッチにおいてもアダルトグッズは欠かせません。

特に、離れた場所からリモート操作可能な遠隔バイブの登場は、電話エッチの世界を変えたと言っても過言ではありません。

バイブを贈る、プレゼントする

もしも電話エッチ相手がアダルトグッズをまだ持っていないなら、贈る、プレゼントするというのも一つの手です。

実際、大手の電話エッチサイトやアプリなら、そのサービス内から匿名で女性に贈れるのも普通ですし、アマゾンの「ほしい物リスト」から匿名で贈るのも一つの手です。

アダルトグッズに初めは遠慮がちな女性でも、バイブやローターを使ってみたいと思わない女性はいません。

ちなみに、アダルトグッズを男性から女性に贈ることと同等に、女性から男性へ使用済み下着をプレゼントするのも粋なギフトと喜ばれます。

事実、専門のフリマも登場し、肌ざわりや匂いを楽しむ手段として電話エッチのお供に親しまれています。

バイブの代用品について

女性が気軽にバイブを購入できる時代になり、男性からのプレゼントとしても喜ばれる一方で、どうしても買う勇気がない女性や、自宅に保管するのが難しい女性もいます。

そこでおすすめしたいのが、バイブの代用品です。

例えば、ミニマッサージ器や電動歯ブラシなど、一見するとオナニーの道具には見えない日用品が、バイブの代用になり得ます。

特に、百円均一の品揃えも豊富な昨今、電話エッチのお相手にこうした身近なアイテムの活用方法を教えてあげるのも一つの会話ネタになります。

発展① 電話エッチからの出会い

出会い系サイトの電話エッチ募集について

電話エッチの通話相手募集は、実は、出会い系サイトの掲示板が人気です。

そもそも、出会い系サイトはリアルの出会いを募集する男女がメインでしたが、電話エッチ相手を専門に募集するコーナーを備えていることがほとんどで、そこでの募集が盛んなのですね。

事実、文字のみのやりとりで対面するのは女性も不安なもの。

そこで、音声通話やビデオ通話を介して相手をよく知り、フィーリングを確かめられるのは、理に適っています。

出会い系サイトの特徴

出会い系サイトにおける通話相手募集の特徴は、なんと言ってもリアルな出会いが前提であることです。

出会い系サイトの掲示板において、電話エッチしたい、通話相手が欲しいと言っている女性のほとんどが、その先に対面セックスを想定しています。

すなわち、出会い系サイトの通話相手募集とは、フィーリングを確かめ合ったり、会ってセックスする条件を交渉する場である、という認識が現実に即していると言えます。

期待を膨らませる言葉責め

出会い系サイトで通話相手募集をする場合、電話エッチで用いる語彙にも工夫が欠かせません。

例えば、電話エッチを楽しんだ後で、それで満たされた流れに盛っていくのが普通ですが、あえて満たされなかった流れにします。

そしてその理由として、電話エッチはよかったが、対面のセックスには敵わない、という論法で組み立てていくと、電話エッチに満たされることなく本当のセックスがしたくなる、憧れるというマインドに移行します。

これが、対面のセックスを許すきっかけに欠かせないムード作りの基本になり得るんですね。

発展② 男同士の電話エッチ

男同士の電話エッチとは

男同士の電話エッチは、今が旬です。

実際、ゲイやバイといった男性同士の電話エッチに特化したツーショットダイヤルやビデオ通話アプリも登場し、男同士の電話エッチ相手募集の場として人気です。

基本的に、男同士のパートナー募集は現実世界ではレアで難しいため、ネット上に移行するのは男女の電話エッチよりも自然なことでした。

そして、男同士のプレイは過激になる傾向があり、単なるセンズリの聞かせ合いから本格的な指示、命令を伴う調教プレイまで様々です。

見せ合いプレイが熱い

男同士の電話エッチの主役は、オナニー見せ合いプレイです。

そもそも、男同士の性行為の中でも、男性のオナニーを見たい、射精のお手伝いをしたいという欲求は少なくありませんでした。

それをリモートで実現したのが、テレビ電話によるセンズリ見せ合いだったんですね。

事実、ビデオ通話によるゲイ専門アプリも登場し、イケメンから親父系まで好みの男性とやれる男同士の見せ合いが盛んです。

リアルな出会いに注意すべし

男同士の電話エッチは、往々にしてリアルの出会いの入口になりがちです。

事実、男同士の出会いは、出会い系サイトを使っても難易度が高く、相性のいいゲイ男性と出会える確立は低いもの。

そこで、事前に声やテレビ電話でフィーリングを確かめられる電話エッチは、理に適っていると言えます。

発展③ テレフォンレディはサクラか

テレフォンレディとは?

電話エッチをしていると必ず気になるのが、サクラの有無ではないでしょうか。

電話エッチをする手段の一つとして、昔も今もツーショットダイヤルが主役の一つです。

そして、そのツーショットダイヤルを利用している女性の中に、テレフォンレディと呼ばれる女性がいるのも、事実なんですね。

そもそも、女性がツーショットダイヤルをするためには、2つの方法があります。

一つ目は、世の中に数あるツーショットダイヤル番組の、女性用電話番号に電話をかけてくるケースです。

女性用のツーショットダイヤル電話番号は、女性がよく見るレディコミ雑誌などの広告で女性の目に留まります。

純粋にエッチな通話相手が欲しい、誰かと電話エッチしたいというエッチな女性が、自慰行為のオカズのような位置付けで利用する無料のフリーダイヤルで遊べる娯楽です。

二つ目の手段は、テレフォンレディを募集しているプロダクションに所属する方法です。

プロダクションに在籍する場合、お仕事としてツーショットダイヤルを利用すると、その通話時間に応じた報酬を得られるため、個人の趣味というよりもお仕事の一環として捉えられているのが、テレフォンレディという女性です。

ちなみに、テレフォンレディのお仕事は、在宅と通勤を選べるのが普通です。

電話エッチをするという意味においては、一般女性もテレフォンレディもやっている行為は全く同じです。

しかし、報酬の有無という点が、一般女性とテレフォンレディの違いの一つと言えます。

サクラとは?

そもそも、サクラという言葉は、電話エッチとは全く無関係の言葉です。

サクラとは、出会い系サイトの女性会員の中で、会える期待を餌にして男性にポイントを消費させる女性のことを指します。

婚活や恋活のマッチングアプリと異なり、主にアダルトな出会い系サイトは前払いのポイント課金が主流なので、女性とメールをやりとりする回数に応じて課金が増していきます。

すなわち、男性がメールを送信する回数を増やすことが、その出会い系サイトの売上アップに欠かせない構造があったんですね。

だから、会えると言いつつ会う意思のない女性が、男性とメッセージのやりとりを重ねて、ポイントを消費させます。

これが、サクラという女性の本質です。

テレフォンレディはサクラではない

テレフォンレディという女性の役割と、サクラ女性の違いを理解したところで、そのテレフォンレディとサクラの違いに気付いた人もいるのではないでしょうか。

テレフォンレディは、電話エッチをすることで報酬を得ています。

サクラは、会える期待を餌に男性とメッセージのやりとりをすることで報酬を得ています。

テレフォンレディは、実際に男性と電話エッチをします。

サクラは、実際に男性と会うことはしません。

すなわち、テレフォンレディは、男性の「電話エッチしたい」という望みを叶えています。

しかし、サクラは男性の「会いたい」という望みを叶えていません。

つまり、テレフォンレディはサクラではない、と言える証拠をこれが証明しているんですね。

サクラかサクラではないか、という議論は、報酬の有無ではなく、男性の望み、期待を叶えているかどうかという点において、全く異なる議論であると言えます。

まとめ

複数サイト併用がベスト

電話エッチしたい!

今すぐ電話エッチしたいなら、複数の電話エッチサイト、アプリを併用するのがベストアンサーです。

その理由は、利用するサイト数が増えれば増えるほど、出会える女性が増えるからです。

たった一つのサイトに固執していると、そのサイトを利用している女性としか話せません。

しかし、利用するサイト数を増やせば増やすほど、そこにしかいない女性と繋がり、色々な女性と電話エッチできることになります。

最初は一つのサイトだけでもOKですが、本当の意味で電話エッチを楽しみたい場合、複数サイトを同時進行で杯用してみるのが賢い男性の愉しみ方と言えます。

電話エッチは安全

電話エッチは、安全です。

そもそも、実際に対面で会わない電話エッチは、詐欺やサクラの被害が皆無です。

もちろん、電話エッチからリアルの生ハメへの移行は可能ですし、それを望んでいる女性がいるのも事実です。

しかし、個人情報さえ不要なツーショットダイヤルなら、ほぼ完全な匿名のまま楽しめますし、ブラウザやアプリを利用したとしても履歴を消すのは簡単です。

家族や知り合いにバレることなく、電話エッチを楽しめるのですから、今すぐ試さない手はありません。

今すぐ無料で電話エッチ!

電話エッチは、無料です。

もちろん、ツーショットダイアルやビデオ通話アプリなどは、有料課金が前提のサービスです。

しかし、ほぼ全てのサイトに完全無料のお試しポイントが特典として提供されているので、実質、完全無料で始められると言っても過言ではありません。

もしも、電話エッチに満足できなければ、課金しなければいいんです。

完全無料で電話エッチを試せるのに、今すぐ試さない手はありませんよね。

2023年10月18日ツーショットダイヤルコラム

無料お試し!ツーショットダイヤルランキング

ハニーライン
ハニーライン

お得 雑誌コード【444847】入力で最大6,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

日本最大級の素人専門ツーショットダイヤルの老舗定番サイトだ。今すぐテレフォンセックス出来るエロい女性からのコールがひ...
[料金/詳細はこちら]

イエローキャット
イエローキャット

お得 お試しパスワード【8149】入力で最大7,000円分無料進呈!

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

無料サービスポイント増額しました。SMプレイ専門の本格ツーショットダイヤルだ。ソフトSMでは物足りない本物志向のM女、S女...
[料金/詳細はこちら]

スイートコール
スイートコール

お得 雑誌コード【445079】入力で初回4,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

ハニーライン系列の、日本を代表するツーショットダイヤルの一つがスイートコールだ。即アポ希望のナンパ待ち女性からテレフ...
[料金/詳細はこちら]

イクイクチャット

お得 1,500円分無料pt付き

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

顔写真から選んで即テレフォンセックスを楽しめるツーショットダイヤルの老舗サイトだ。自宅で一人エッチ中のエロい素人と相...
[料金/詳細はこちら]

コールネット地域密着

お得 1,000円分無料体験

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

コールネットは18年以上の運営実績のある老舗のツーショットダイヤルだ。地域密着のナンパツーショットはもちろん、不倫専門...
[料金/詳細はこちら]

[もっと見る]


PAGE TOP