ツーショットダイヤルとは

ツーショットダイヤルとは

目次

はじめに

ツーショットダイヤルとは

ツーショットダイヤルとは、電話を介して男女がエッチな会話を楽しむアダルトサービスですが、その人気が今、再燃しています。

コロナ禍における自粛ムードによりリモートエッチのニーズが高まり、リベンジ消費とともにリアルの出会いのニームも戻りつつあります。

20世紀頃から、ツーショットダイヤルは男女のエッチな出会いを下支えしてきましたが、それが再び脚光を浴びていると言えます。

この記事は、そんなツーショットダイヤルの基本を振り返りつつ、その楽しみ方を整理し、これからもエッチな出会いの一つとして活用していくノウハウを詰め込みました。

この記事を読めば、ツーショットダイヤルの全てが分かります。

この記事を読めば、今すぐにエッチな女性と気持ちよくなれます。

ぜひ最後まで楽しみに読んでみてください。

ツーショットダイヤルは進化している

ツーショットダイヤルは、進化し続けています。

古来から、固定電話回線による音声通話のエッチな出会いの場として、ツーショットダイヤルは親しまれてきました。

インターネットの普及やスマホの誕生によって、誰でも簡単にエッチな会話を楽しめるようになりました。

近年では、ビデオ通話によるオナニー配信や、双方向の見せ合いが一般化し、男女が楽しむエロも過激になってきています。

しかしその一方で、古来から続いてきた音声通話というアナログなツーショットダイヤルも、衰退することなく、むしろあえて顔出しなしの音声通話を好む女性も増えていると考えられます。

個別具体的な事例は後述しますが、生配信のエッチ通話や、対面によるエッチな出会いに疲れてしまい、あえてアナログなエロに回帰している女性層が一定数いることを示しています。

すなわちツーショットダイヤルにおける男女の需要は、二極化しながら進化してきたんですね。

そんな過去と未来を一本の線で繋ぎ、一人ひとりのニーズに合った気持ちいいオナニー、気持ちいいセックスを今すぐに実現する方法論を考えていきます。

ツーショットダイヤルの注意点

ツーショットダイヤルは、誰でも簡単に、今すぐ楽しめる大人の遊び場です。

但し、人間と人間の出会いである以上は、守るべきマナーやルールがありますし、お金がかかる有料サービスである以上は、きちんと料金システムを理解しておかなければなりません。

この記事は、そんなツーショットダイヤルの注意点も詳しく解説しています。

初めてツーショットダイヤルをやる人も、今よりもっと楽しみたい人も、それぞれの目的に合わせてツーショットダイヤルの魅力を隅々まで紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

気持ちいいオナニー、気持ちいいセックスの答えが見つかります。

基本① ツーショットダイヤルの仕組み

テレフォンセックスの流れ

ツーショットダイヤルは、男女が電話を使って、テレフォンセックスを楽しむ場です。

もちろん、テレセをせずに、ただの世間話をするだけでもOKですが、見知らぬ男女が秘密に繋がる出会いの場なのですから、エロいトークこそツーショットダイヤルの醍醐味と言えます。

そもそも、女性はエロい会話を求めています。

詳細は後述しますが、心理学的な見地から見ても、女性の性欲が溜まっており、その欲求を発散させたいという潜在需要がツーショットダイヤルにおける女性集客を下支えしてきたという歴史的背景も見逃せません。

テレフォンセックスとは、セックスと名の付く通り、男女が一緒に性行為をすることを指しますが、電話を介するテレフォンセックスの場合、実際に男性器を女性器に挿入することはできません。

離れた場所にいる男女が、電話でおしゃべりしているだけなので、当然のことながら物理的に性行為を行うのは不可能なんです。

だから、ツーショットダイヤルにおけるテレフォンセックスとは、正確な言葉で言えばオナニー、すなわち自慰行為であり、一人で楽しむ自慰行為の延長が、セックスを疑似的に再現するテレフォンセックスだったんですね。

もちろん、ツーショットダイヤルに電話をかけてくる女性のニーズは様々ですが、往々にして、そのテレセを求めている女性が多いことを押さえておいてください。

このように、女性ニーズの根底に既にテレフォンセックス需要があるため、ツーショットダイヤルでテレフォンセックス相手を見つけるのは簡単です。

基本的には、ツーショットダイヤルに電話をかければ、すぐにお相手が見つかり、1対1のツーショットでエッチなおしゃべりを楽しめます。

ツーショットダイヤルとは、あくまでも電話をかけてきた男女を機械的に結びつけるだけのサービスに過ぎないため、電話が繋がった後の会話は完全にその男女の裁量に任されています。

すなわち、世間話をするのも、テレフォンセックスをするのも、完全にその男女の自由なんです。

ツーショットダイヤルとは何かを知らない人や、初めてツーショットダイヤルに電話をかける人は、あまりにも簡単に女性と繋がって、会話がスタートしてしまうので、逆に驚いてしまうかもしれません。

もちろん、サイトによって細かい違いがあるものの、伝統的なツーショットダイヤルの場合は、会員登録というプロセスさえも不要で、電話をかければ本当にすぐ女性と繋がってしまいます。

仕組みが限りなくアナログで、シンプルだからこそ、時代を超えて愛されている所以であるとも考えられます。

テレフォンセックスこそツーショットダイヤルの醍醐味とも言えるので、ぜひ見知らぬ女性との、エッチな会話で相互オナニーを愉しんでみたいものです。

ナンパの流れ

ツーショットダイヤルは、電話を介して、バーチャルなセックスを楽しむ場であると同時に、対面のリアルな出会いも楽しめるマッチングの場でもあります。

事実、リモートによる疑似的なセックスではなく、本当のセックス、すなわち男性器を女性器に挿入する性行為を楽しみたいと望む女性も一定数いるのがツーショットダイヤルのもう一つの側面だったんですね。

事実、20世紀に誕生した、ツーショットダイヤルの原型ともいえるテレクラと言われる店舗型風俗店においては、テレフォンセックスと並んでリアルな出会いもその大きな目的の一つであり、即アポ、すなわち今日すぐに会う約束を取り付けて、その足で待ち合わせ場所へ向かうというフットワークの軽い男女の出会いの場として重宝されていたものです。

ツーショットダイヤルは、基本的には男性と女性のコールを結びつけるだけのサービスなので、電話が繋がった後の会話は男女の自由です。

すなわち、ストリートナンパの要領で、世間話や駆け引きをしつつ、リアルなデートへと誘う。

そんな自由度があるからこそ、ナンパにスキルが必要とされる一方で、マイペースに誰にも知られずにセフレを作れるという男性にとっても女性にとっても理想的な出会いがそこにあるんですね。

電話を介したテレフォンセックスがツーショットダイヤルの醍醐味ですが、相性がいいお相手を見つけたら、リアルなセックスを目指すのも粋なものです。

女性集客の秘密

ツーショットダイヤルに電話をかけると、昼でも夜でも、早朝でも深夜でも、必ず女性と繋がります。

もちろん、サイトの知名度によりますが、大手のツーショットダイヤルなら、どんどん女性をチェンジしても次々と新しい女性に繋がります。

これは今に始まったことではなく、古来から、ツーショットダイヤルにおいて女性コールが枯渇することはありませんでした。

その理由の一つが、その時代その時代に合った集客によって、潜在ニーズのある女性への宣伝を地道に続けてきた成果があると言えます。

ツーショットダイヤルが誕生した時代には、今のようにインターネットもスマホも手元になかったため、女性を集める手段はピンクチラシでした。

街中にある公衆電話に、ツーショットダイヤルの電話番号が記載されたピンクチラシが貼られており、それを見た男女がツーショットダイヤルというアダルトサービスを知ったものです。

やがてレディコミと呼ばれる女性向けアダルト雑誌や、ティッシュ配り、街中を走るラッピングトレーラーなど、あらゆるチャネルでツーショットダイヤルはその裾野を広げてきました。

もちろん、近年ではインターネットやソーシャルメディアによる能動的な情報検索によってその広がりは続けており、パパ活のような新しい文化の隆盛によって、時代に合ったニーズを満たしているのがツーショットダイヤルの役割の一つと言えます。

ツーショットダイヤルをより深く味わうために、ぜひそんな歴史的背景から学んでいきましょう。

基本② ツーショットダイヤルの歴史

テレクラが隆盛した20世紀

ツーショットダイヤルの原型とも言えるテレクラ(テレフォンクラブ)の誕生が1980年代だ。

しかし、そのテレクラが広く一般に浸透したのは90年代に入ってからと言える。

当時は、ガラケーさえも普及しておらず、今では当たり前となった出会い系サイトやマッチングサイトの類はほぼ存在していなかったという時代背景がある。

もちろん、インターネットの歴史をさらに遡り、パソコン通信の時代から厳密に言えば、マッチングサイトの原型とも言えるいわゆる出会い掲示板の類は存在していた。

しかし、当時から街中の至る所に設置されていた公衆電話の存在が、テレクラ文化の隆盛に寄与したと考えられる。

ツーショットダイヤルの原型とも言えるテレクラは、店舗型の風俗店の一種であり、今で言うネットカフェ、マンガ喫茶のような構造の個室から楽しむサービスだった。

個室の中には、ちょっとしたソファと固定電話が置いてあるだけの簡素な作りであり、男性はその個室にこもって、女性との会話を楽しんだものだ。

もう一方の女性は、自宅にある固定電話から、フリーダイヤルと呼ばれる通話料無料の回線を介してテレクラを楽しんでいた。

すなわち、女性は通話料さえもかからずに、完全に無料の娯楽として男性との会話を楽しめたのが、女性コールを集めることに成功した遠因の一つと言えよう。

その後、NTTのダイヤルQ2というサービスがテレクラ文化をさらに盛り上げることになる。

ダイヤルQ2とは、自宅の固定電話を使って、0990から始まる各番組の電話番号にかけると、通常の通話料以外に番組利用料が徴収される仕組みだ。

すなわち、テレクラを提供している業者は、銀行振込やクレジットカード決済などを求めなくても、NTTが代行してテレクラの代金を集金してくれていたことになる。

逆に、男性利用者にとっても、ダイヤルQ2は革命的だった。

古来の店舗型テレクラのように、わざわざ店舗まで足を運ばなくても、自宅の固定電話からテレクラを楽しめるようになったことで、テレクラ遊びがより身近なものになっていった。

その後、携帯電話の登場、普及によって、固定電話から携帯電話への移行の波が押し寄せてくる。

このように、ツーショットダイヤルの原型とも言えるテレクラは、店舗型→固定電話→携帯電話とその姿かたちを変えながら、人々の暮らしを支えてきたのである。

20世紀の日本史は、このようにテレクラの隆盛とともに歩んだ歴史であることが分かる。

しかし、携帯電話の普及と高性能化は、出会い系サイトの隆盛へと繋がった。

さらに、男女の出会いを提供する場における年齢確認の強化という法整備によって、音声通話によるアナログかつシンプルな出会いの場は、一旦、衰退していくかのように見えたのだ。

21世紀の出会い系ブーム

21世紀は、出会い系サイトの時代と言われている。

ガラケー、すなわち携帯電話の普及と進化が目覚ましく、特に、1999年1月に誕生したドコモのiモードは、携帯電話が直接インターネットの入口になる画期的なサービスだった。

程なくして出会い系サイトが誕生し、出会い募集の閲覧や、メッセージのやりとりが携帯電話一つで完結するようになる。

携帯サイトにおける出会いは、年齢確認や、クレジットカード決済による課金とも相性がよく、当時、出会い系サイトは爆発的に増え、ツーショットダイヤルの影はますます薄れていったのである。

ツーショットダイヤルの今

元来、歴史学の視点から考察すると、音声通話によるツーショットダイヤルと、出会い系サイトとは、まるで水と油のような相反する関係だったことが分かる。

しかし、それらを実際に利用するユーザーのニーズを鑑みると、どちらか一方が勝利し、どちらか一方が敗北したのではなく、共存に至ったというのが一般的な見解だ。

事実、どれほどスマホが高性能化しても、どれほどインターネットが高速化しても、音声通話によって一瞬で相手としゃべれるアナログな出会いは一定の需要があり、むしろ、声だけで繋がるシンプルな意思伝達は、合理的でありかつ神秘的な要素も多分に含んでいると考えられる。

このようにして出会い系サイトとの棲み分けによって生き残ったツーショットダイヤル文化は、それ自体も独自の進化を遂げている。

すなわち、ビデオ通話による映像のリアルタイム配信や、双方向通信による映像の見せ合いだ。

ツーショットダイヤルは、その時代その時代に合った男女のニーズを的確に掴みつつ、テクノロジーや法律へも適応しながら、今、その旬を迎えていると言える。

基本③ ツーショットダイヤルの種類

ツーショットコーナー

ツーショットダイヤルとは、音声通話で男女がテレフォンセックスを楽しむ行為が基本であり、その中心的な役割を果たすのがツーショットコーナーです。

一般的なツーショットダイヤルの場合、そのツーショットダイヤルの電話番号に電話をかけると、音声ガイダンスによってメニューが案内され、プッシュボタンで操作していきます。

ツーショットコーナーは、目的に応じた複数のジャンルにさらに細分化されていることもあり、例えば、純粋なテレフォンセックスを楽しむ基本コーナーのほかに、ナンパ専用、SMプレイ専用、人妻専用など、プッシュ操作でジャンルを選択します。

コーナー選択が完了すると、順番に女性コールと繋がります。

電話が繋がったら、その後の会話は完全に自由のため、世間話から始めたり、あるいはいきなりプレイに突入するパターンもあります。

基本的には、どのようなジャンルにおいてテレフォンセックスを楽しむとしても、あくまでもその場限りの電話による疑似体験で完結するのが主流です。

しかし、中にはリアルのナンパに発展していくケースもあり、その場合は、伝言コーナーと呼ばれる、男女が音声メッセージをやりとりできる機能を活用することになります。

伝言コーナーとは、ツーショットダイヤルの機能の一部であり、男女が録音メッセージをやりとりできる機能です。

例えば、あらかじめ自分のボックス番号を取得しておけば、その番号をお相手に教えておくことで、お相手の女性があなた宛に音声メッセージを録音できるようになります。

逆に、お相手の女性からボックス番号を聞いておけば、その女性宛に録音メッセージを残しておくことが可能になります。

すなわち、お互いの個人情報を交換せずとも、そのツーショットダイヤルの番組内で、音声メッセージの交換ができるのが、伝言コーナーなんですね。

フィーリングの合う相手と次回のテレフォンセックスの日時を調整したり、あるいは、対面でデートを楽しむために日時や待ち合わせ場所を調整する際に役立ちます。

もちろん、ツーショットコーナーにおけるテレフォンセックスの前後に、お互いの個人情報を交換して、直接やり取りするのもOKです。

しかし、最初から個人情報を交換したくないと感じる女性も多いため、伝言コーナーの使い方を一通り理解し、ボックス番号を取得しておくのがベターと言えます。

プロフィールツーショット

ツーショットコーナーと並んで人気が高いのが、プロフィールツーショットコーナーです。

プロフィールツーショットとは、あらかじめ録音された女性メッセージを聞いて、気に入った女性に電話を繋げることができるサービスです。

前述のツーショットコーナーの場合は、先着順で、順番に女性と繋がるのでお相手と会話をするまでどのような人物なのか全く分かりませんが、プロフィールツーショットなら、女性が自らそのプロフィールや利用目的を録音してくれているので、ミスマッチを防げるという点で時間や労力の削減に繋がります。

逆に、男性が録音メッセージを登録しておいて、逆に女性が男性のメッセージを聞いて、気に入った男性に電話を繋げるパターンもあります。

これが、逆ナンパツーショット、あるいは、逆指名ツーショットと言います。

男性側から能動的にアプローチするのではなく、女性からの指名を待つメリットとしては、やはりミスマッチを防げるという点に尽きますが、逆指名の場合は通話料がかからないというパターンがあることも見逃せません。

特に、ナンパ待ちの音声メッセージを録音する際に、利用目的や条件などをはっきりと明示しておくことで、ミスマッチを防げます。

条件を細かく指定すればするほど、女性からの指名コールは減ってしまいますが、逆に、ミスマッチの数を大きく減らすことができるので、コンバージョン率で比較するともっとも効果が高くなると理論上考えられます。

ツーショットダイヤルの進化系

前述のように、ツーショットコーナーやプロフィールツーショット、そして個人間のやり取りを支援する伝言コーナーなどは、全て、音声通話の電話で完結するサービスでした。

しかし、ツーショットダイヤルは進化、発展しており、その代名詞とも言えるのが、ビデオ通話を介した映像系のサービスなんです。

古来から、ライブチャットという名の、ツーショットダイヤルと映像を組み合わせたようなアダルトサイトは存在していました。

しかし、スマホの普及とネット回線の高速化によって、女性が手持ちのスマホで、個人レベルのエッチなライブ配信を楽しめるようになったという点において、画期的な進化だったと言えます。

まさに、ツーショットダイヤルの進化系でした。

一人の女性に対して複数男性が参加する、パーティーチャット形式のサイトや、逆に、ツーショットダイヤルと同様に1対1のツーショットで双方向ビデオ通話を楽しめるサイト、完全にスマホアプリに対応し、電話回線を使わないサービスなど、多種多様な進化を遂げているのがツーショットダイヤルの現状です。

ツーショットダイヤルを議論する際は、そんな狭義の定義と広義の定義を比較しながら考えると、多面的に捉えれられると言えます。

それでは、本題に入る前に、ツーショットダイヤル遊びを楽しんでいる女性の特徴について、心理学的見地から考察していきます。

料金① ツーショットダイヤルの料金システム

課金の仕組み

ツーショットダイヤルの料金は、分課金が一般的です。

すなわち、1分でいくら、という計算によって、女性と会話した分数によって金額が決まります。

伝統的なツーショットダイヤルを例に上げて考えてみましょう。

例えば、1分あたり16ポイント、1ポイントあたり10円換算のサイトがあります。

その場合、女性と1分会話する料金は、160円になると計算できます。

これをもとに計算すると、10分で1,600円、30分で4,800円というように、おおよその課金額を算出することが可能です。

一般的なツーショットダイヤルの場合、女性と繋がる前の待機中は、課金されません。

あくまでも、女性と繋がっている間のみ、課金計算されるシステムが主流です。

もちろん、料金システムは各サイトによって異なるので、それぞれの料金表を読むなどして確認するようにしてください。

有料サイトとの向き合い方

ツーショットダイヤルは有料サービスであり、一般的には分単位で課金されます。

そして、一般的なツーショットダイヤルの場合、1分あたりの料金は120円から180円程度が主流です。

1分120円の場合、女性と1時間会話をすると、7,200円になる計算です。

このような相場を、高いのか、安いのか、コスパを考える際に役立つのが、ツーショットダイヤルを楽しむためにかかっている相手方のコストと、そこで得られる利点です。

そもそも、なぜ、ツーショットダイヤルに電話をかけるとすぐ一般女性と会話を楽しめるのでしょうか。

なぜ、何回チェンジしても、次々と新しい女性と繋がるのでしょうか。

そこには、膨大な宣伝費がかかっているからなんです。

古来から、ツーショットダイヤルにおける女性集客は、大きなコストがかかるものであり、その一方で、女性からのコールはツーショットダイヤルの存在意義そのものとも言える重要な要素でした。

街中の看板やラッピングトレーラー、ティッシュ配布や雑誌広告など、膨大な広告を打って女性への認知を地道に続けているからこそ、女性コールが途切れないんですね。

逆に、あなた一人だけの人脈だけで、テレフォンセックス相手を見つけようとしても、有料サービスなしでは不可能に近いと言えるでしょう。

女性コールの多さを鑑みれば、そこにお金を払うのは当然の経費と言えます。

もう一つ忘れてはいけないのが、ツーショットダイヤルにおいて得られる利点です。

例えば、1分あたり120円のサイトで1時間かけて女性をナンパし、対面のデートでリアルのセックスを楽しめたとします。

これを計算式に当てはめて考えると、1分120円×1時間で、7,200円というコストが導き出せます。

すなわち、その1回のセックスは、7,200円だったということです。

次に、もしもその女性がセフレになり、10回セックスしたらどうなるでしょうか。

ナンパに費やした1時間分のツーショットダイヤル料金、すなわち7,200円は、10回分のセックスのコストと考えることができ、すなわち、1回あたりのセックスが720円にまで下がります。

1回のセックスが720円なんて、お得すぎますよね。

もちろん、ツーショットダイヤルの目的や、そこで出会えるお相手との交際は自由なので、コストの考え方も人それぞれ違うもの。

しかし、ツーショットダイヤルで楽しめる大きなメリットを天秤にかけると、案外、お得な遊びであることが見えてくるんですね。

1回5,000円、10,000円かかるお付き合いの飲み会でお金を失うよりも、ツーショットダイヤルの方がよっぽど価値ある投資と言えます。

課金する前にすべきこと

ツーショットダイヤルは有料サービスですが、課金をする前にすべきことがあります。

それは、無料ポイントを使って、そのサイトが自分に適しているかどうかの確認作業をすることです。

ツーショットダイヤルは、伝統的なサイトから近代的なアプリまで含めると、その数は100とも200とも言われています。

それぞれの番組にはそれぞれ違った特徴があり、また、そこに集まる女性のタイプや人数も様々なんです。

だから、自分の目的に合致するサイトなのかどうか、課金する前にチェックすべきであり、もしも合わないと感じたらすぐに次のサイトを試していく。

課金せずに、無料ポイントを使って、お試しでツーショットダイヤルを楽しみつつ、自分に合っているサイトを探すというプロセスが、実はいちばん面白味のある遊び方の一つなんです。

一般的なツーショットダイヤルの場合、5,000円分程度のポイントが無料で付与されるのが主流です。

無料ポイントを使えば、課金したユーザーと同じように、本当に女性と電話でおしゃべりできますし、うまく話を進めれば、無料ポイントのみでテレフォンセックスをしたり、ナンパを楽しむのも自由です。

次に、ツーショットダイヤルを楽しむために欠かせない、無料ポイントの仕組みを解説します。

料金② 無料で遊べるツーショットダイヤル

無料ポイントの仕組み

一般的なツーショットダイヤルには、無料ポイントが用意されており、課金しなくてもそのサイトをお試しで楽しむことができます。

自分の目的に合っているか、期待している女性コールはあるか、無料ポイントの範囲内でチェックしつつ本当のツーショットダイヤルを楽しめるのはお得ですよね。

初めてツーショットダイヤルで遊ぶ初心者はもちろんですが、上級者にとっても無料ポイントは欠かせません。

なぜなら、ツーショットダイヤルは世の中に無数に存在しているため、その一つひとつのサイトで無料ポイントをもらい、無料の範囲内で遊んでいけば、完全に無料で何十万円分も楽しめてしまう。

上級者には、そんなポイ活も盛んです。

せっかく無料で遊べるのですから、一つのサイトしか使わないなんてもったいないですよね。

当サイトのツーショットダイヤルリストを、上から順に全て制覇する。

無料ポイントを使い尽くすのが、通な楽しみ方と言えます。

無料ポイントの取り方

一般的なツーショットダイヤルの場合、初回登録時に、ラッキーコードをプッシュすることで無料ポイントが付与されます。

ラッキーコードは、4桁~6桁程度の数字で、広告コードや雑誌コードとも呼ばれます。

当サイトから、ツーショットダイヤルの公式サイトへジャンプすると、電話番号の近くに必ず記載されているので、そのラッキーコードを忘れずにメモしてから電話をかけます。

電話が繋がると、ラッキーコードを持っている人はそれをプッシュするようにガイダンスが流れるので、先ほどメモした数字をプッシュします。

音声通話による一般的なツーショットダイヤルの場合は、これで自動的に無料ポイントが付与されます。

一方で、スマホアプリや出会い系サイトの場合は、会員登録の完了によって無料ポイントが付与されたり、あるいは、電話番号やメールアドレスによる認証の完了によって無料ポイントが付与されるなど、そのタイミングはサイトによって異なります。

無料ポイントがいくら分貰えるのかという点とともに、どのタイミングで付与されるのか、その条件を確認しておくことは有効です。

無料ポイントの注意点

一般的なツーショットダイヤルの場合、初回登録によって、無料ポイントは自動的に付与されるのが普通です。

しかし、付与されるための条件やタイミングは、サイトによってそのルールが異なるので、勘違いによるトラブルを防ぐためにも規約を読むことは大切です。

特に注意すべきポイントは、二つ。

一つ目は、無料ポイントの付与が、後払い登録に限定されているパターンです。

世の中の多くのツーショットダイヤルは、その料金を、先払いでも後払いでも自由に支払うことができます。

先払いとは、事前にポイントを購入し、そのポイントの範囲内だけで利用できるようになるパターンであり、また、後払いとは、先にツーショットダイヤルのサービスを利用し、一定期間内にその料金を後払いで支払うパターンです。

どちらのパターンでも、自分にとって都合のいい方を選ぶのが一般的ですが、後払いを選択しなければ無料ポイントが付かない、というルールのサイトもあるので、よく確認が必要です。

また、クレジットカード情報を登録するパターンのサイトの場合、自動継続にも注意が必要です。

特に、マッチングアプリに代表されるような、月額課金の場合、解約するまで自動的に課金が継続してしまうケースがあるため、アプリを削除するのみならず、継続課金を解除するということも忘れないようにしてください。

料金③ ツーショットダイヤルをコスパ良く楽しむコツ

ミスマッチを減らす

ツーショットダイヤルとは、有料サイトでありながらお得にエロい恩恵を受けられる良心的な遊びです。

ほんの少しの課金で今すぐ相互オナニーを楽しめますし、ほんの少しの課金でリアルで会ってエッチできます。

但し、お金を払う有料サイトである以上、なるべく安く、コスパ良く楽しみたいもの。

そこで欠かせない考え方の一つが、ミスマッチを減らすということです。

そもそも、ツーショットダイヤルとは、電話を介して男女がマッチングする出会いの場です。

電話でオナニーをしたい女性や、電話で交渉して会ってエッチしたい女性、あるいは、ただ話を聞いて欲しいだけの暇つぶし目的の女性もいます。

肝心なことは、あなた自身が求めている目的と、相手のニーズのミスマッチを減らすということ。

そのためには、通話開始からなるべく早い段階で、あなた自身の目的を明示することが欠かせません。

もちろん、オナニー目的の女性に出会いを、出会い目的の女性にオナニーを求めると、男女双方の目的にズレが生じ、通話が盛り上がらなくなってしまうかもしれません。

しかし、それでいいんです。

なぜなら、ツーショットダイヤルとは、有料課金が前提の遊びだからです。

あなた自身の目的を明確に示し、ミスマッチを減らすことは、逆に言えば、目的にぴったりマッチした通話相手を見極められるということ。

電話が繋がったら、なるべく早くそこを見抜くことが、結果的に課金を減らす第一歩となります。

録音して繰り返し楽しむ

ツーショットダイヤルとは、お相手の女性とのエッチな会話を録音し、何度も楽しめるオカズ作りの場です。

もちろん、リアルタイムで繰り広げられる駆け引きこそ、予測できない新鮮な相互オナニーの源泉なので、録音をしてしまうとその新鮮味に欠けてしまうのも事実です。

しかし、ただの世間話や自己紹介、暇つぶしの雑談を飛ばし、省ける録音再生は、時間という有限の資産を有効活用して抜けるテクニックの一つと言えます。

もちろん、ツーショットダイヤルには、それぞれのサイトに規約があり、録音を禁止している場合がありますし、個人的な使用目的の録音がOKでも、女性に一言許可を貰うと紳士的です。

出会い系サイトを併用する

ツーショットダイヤルとは、今すぐに電話で相互オナニーが楽しめたり、リアルでやれるお相手が見つかる大人のマッチングサービスです。

但し、時間的、経済的にさらに効率を求めるなら、ツーショットダイヤルと併用して、出会い系サイトでもお相手を探すのがベストです。

なぜなら、ツーショットダイヤルと出会い系サイトを同時進行で利用すれば、出会いのチャンスが2倍になるからなんですね。

実際、出会い系サイトの掲示板を覗いてみると、テレホンセックスの通話相手募集をしている女性が目に付きます。

すなわち、出会い系サイトのニーズは、必ずしも対面のセックスを求める女性だけでなく、電話を介したリモートセックスを求めるニーズも兼ねているんですね。

これは、ツーショットダイヤルを利用している女性のニーズと重なります。

すなわち、出会い系サイトに登録し、テレホンセックスやリアルのセックスを募集しつつ、今すぐ繋がる通話相手をツーショットダイヤルで探す。

そんな同時進行の併用こそ、ツーショットダイヤルをコスパ良く楽しむヒントの一つです。

ツーショットダイヤルの選び方

目的から選ぶ

好みの女性と、好みのプレイを楽しみたいなら、目的に合ったコンセプトのツーショットダイヤルを選ぶことは有効です。

例えば、テレフォンセックスで既婚女性とリモート不倫的なおしゃべりを楽しみたい場合、人妻専門サイトを優先的に利用することで好みの人妻とのマッチング率が高まります。

あるいは、テレフォンセックスでSMプレイをしてみたい場合、SM専門のツーショットダイアルが有効です。

マニアックなプレイになればなるほど、そのプレイを理解し、能動的に楽しめる女性の絶対数は限られてしまうもの。

そんなニッチなニーズこそ、専門特化したサイトが役立つんですね。

当サイトにおいても、女性のタイプや目的からツーショットダイヤルを絞り込める一覧リストがあります。

一般的なツーショットダイヤル比較サイトにおいても、やはり同様に、無数に存在するツーショットダイヤルを一定のジャンルに分類して紹介しているサイトがあります。

このようなサイトを活用して、自分の目的に沿った番組を選ぶのが、一般的なツーショットダイヤルの選び方の基本と言えます。

おすすめから選ぶ

誰でもいいから今すぐにテレフォンセックスをしたい、という需要があるのも事実です。

あるいは、自分で選ぶのがめんどくさい人や、人にお任せしたいケースもあるでしょう。

そんなときは、比較サイトのおすすめに従うのがベストです。

元来、ツーショットダイヤルには番組内においてジャンル分けがなされており、一定以上の大規模なサイトであれば、各種変態プレイに対応できる女性を見つけることができます。

実際、たった一つの目的に絞って、強い目的意識を持っている女性は少なく、とりあえず誰かとしゃべりたい、とりあえず電話で気持ちよくなりたい、というふわっとしたモチベーションで電話をかけてきている女性が少なくないんですね。

だから、最初から明確な目的を絞り込んでいる女性をあえて求めず、その時々の偶然に身を任せるのも、粋な楽しみ方の一つと言えます。

出会い系サイトも通話相手が見つかる

テレフォンセックスの通話相手を見つける手段としては、ツーショットダイヤルがベストです。

なぜなら、ツーショットダイヤルの番組に電話をかければ、今この瞬間に電話をかけてきている女性とリアルタイムで繋がり、すぐに会話をスタートさせられるからです。

その一方で、出会い系サイトに代表されるような、マッチングサイトやアプリも有効です。

一般的なアダルトのマッチングサイトにおいては、対面による出会い募集が盛んであると同時に、通話相手募集や見せ合い募集といった、オンラインで完結する通話相手募集も盛んです。

そのようなプラットフォームにおいて通話相手を募集する場合、ツーショットダイヤル番組のような中継地点を経由せず、本人同士が直接繋がることになるため、ラインやカカオトーク、スカイプなど、個人的な連絡先を交換する必要があります。

マッチングサイトにおける出会いの場合、ツーショットダイヤルにおけるマッチングよりもより個人間の繋がりが強くなる一方で、第三者が介在しないことで、もし万が一トラブルとなった場合にサポートに相談しにくいというデメリットがあることも押さえておいてください。

電話でテレフォンセックスを楽しむという目的においては、ツーショットダイヤルがベストであり、マッチングサイトにおける個人間の出会いは、あくまでも予備的な手段であるという認識が大切です。

テレフォンセックスの楽しみ方

対面のマナーを忘れるべからず

ツーショットダイヤルとは、男女がテレフォンセックスを楽しむ場です。

実際に対面して行われる性行為と違って、電話回線を介して楽しむテレセの場合、あくまでも実際の行為は相互オナニーであり、バーチャルセックスの域を出ません。

しかし、バーチャル空間におけるセックスも、人間と人間のセックスの一部である以上は、そこにマナーが欠かせないのです。

事実、初対面の男女が性行為をする場合、前戯が欠かせません。

前戯とは、狭義においては、男性器を女性器に挿入するために必要な肉体的、生物学的に求められる条件を作り出す行為の一種ですが、広義においては、ムードや雰囲気、空気といった目に見えない準備活動も包括します。

必要とされる時間や内容は、その男女によって様々ですが、前戯なしのセックスは一般論として女性に満足を与えません。

女性に満足を与えないセックスはまた、男性自身の満足もそれほど高められないという循環の関係にあると言えます。

そこで、目の前にいないバーチャル空間におけるテレフォンセックスにおいても、前戯が欠かせません。

直接触れ合うことができない電話だからこそ、むしろ、声による前戯の重要性は増していると言えます。

恥じらいを捨てるべし

テレフォンセックスにおいて、不必要な恥じらいは快感を阻害します。

事実、ツーショットダイヤルに女性が求めている願望は、非日常の性行為であり、そこに必要なのは現実を忘れさせてくれるような、非日常のセリフに他なりません。

対面でセックスをする場合、それが恋人や配偶者であっても、セックスフレンドや不倫相手であっても、自分という現実の姿で接している以上は、最低限の人格を維持したいという防衛本能が働きます。

それが恥じらいとなって、本来秘めている願望を抑え込んでしまうんですね。

しかし、ツーショットダイヤルで抑える必要はありません。

むしろ、顔さえも見えない世界なのですから、恥ずかしがらずに、秘めている願望をさらけ出していいんです。

それがやがて、相手にも伝わり、相互に解放が進むことで、そのバーチャルセックスは本当のセックスを超える快感を生み出します。

せっかくだから楽しもう

伝統的なツーショットダイヤルは、顔が見えない声だけの世界です。

日常では、Sで通している男性が、思いっきりMになって甘えてみるのも自由ですし、逆にMの男性が、Sの立場を体験するのも自由です。

ツーショットダイヤルは、自由な世界です。

イメージプレイこそ、テレフォンセックスの醍醐味です。

年齢や職業、性癖までも、本当の自分とは切り離して自由に楽しめるから、男性のみならず女性からも必要とされる性を解放する場であり、本当の自分のときには得られなかった快感を発見するチャンスでもあるんですね。

せっかくだから、殻を破って別の自分になりきる。

もしかしたら、そんな自分こそ本当の自分と呼べるのかもしれません。

リアルで出会えるツーショットダイヤル

ナンパの準備

ツーショットダイヤルとは、男女がテレフォンセックスをする場ですが、それと同時に、リアルの出会いも楽しめるセフレ募集も盛んです。

もちろん、統計学的に見れば、テレフォンセックスのみを望んでいる通話待ちの女性が多いのも事実ですが、相手とのフィーリングや条件次第では、近所で待ち合わせをして会ってみてもいいかな、という女性が少なからず存在するのもまた、事実なんですね。

リアルの出会いを目的としてツーショットダイヤルを楽しむ場合、ナンパの準備は重要です。

そして、ツーショットダイヤルにおける準備行動とは、ずばり、今すぐに家を出て、待ち合わせ場所に向けて出発する準備をするということ。

つまり、ちょうどいい相手が見つかってからシャワーを浴びて、外出する準備をすればいい、という考えではナンパが失敗するんです。

古来から、ツーショットダイヤルにおけるナンパは、即アポと呼ばれて親しまれてきました。

見知らぬ男女がツーショットダイヤルを介して出会い、お互いに求めている人物像を話し合い、フィーリングが合えばそのまま待ち合わせに移行する。

そんなツーショットダイヤルナンパで重要なポイントが、相手の立場を理解する、ということなんですね。

もちろん、ツーショットダイヤルで遊んでいる女性の多くが、自宅から電話をかけています。

しかし、ナンパ待ちをしている女性の中には、旅行先や出張先、ワーケーション中のホテルの部屋から、というパターンが少なくないんですね。

ホテルという自宅以外の場所に宿泊する場合、日常生活から離れて非日常に身を置いている状況も手伝ってか、突然むらむらしてしまうのは男性だけではありません。

テレフォンセックスをしながらのオナニーでは満たされない、今日だけはちょっと大胆に刺激を追い求めてしまいたい、という女性が、ツーショットダイヤルにおけるナンパ待ちへと繋がるんですね。

そんな女性にとって、レスポンスの良さは重要です。

今から会える人を募集しているのに、1時間、2時間と待たされるようならすぐにチェンジされてしまうことでしょう。

逆に、10分で行ける、15分で行ける、という近場の男性が重宝されます。

だから、いつでも外出できる準備が欠かせないんですね。

ツーショットダイヤルにおけるセフレナンパは、下準備が肝心なんです。

いつでも外出できる準備が整ったら、実際に女性をゲットする前に情報収集をしておくことも重要です。

対面後の流れをシミュレーションすべし

ツーショットダイヤルのナンパにおける情報収集とは、出会った後に行くべき場所のリサーチを意味します。

例えば、駅前の繁華街で待ち合わせをして、食事あるいはお酒を楽しむとします。

もちろん、男女ともにその先にセックスを想定しているものの、このプロセスが重要な前戯であり、その後のセックスを盛り上げる要素の一つであることは大人の男女なら理解しているものなんですね。

しかし、そこから先が重要です。

ツーショットダイヤルナンパは生き物と言いますが、実際に初対面の男女が対面してお酒も入れば、その後の流れは読めないもの。

ラブホテルやビジネスホテル、ラグジュアリーホテルといった予算に応じた場所取りを想定するとともに、二軒目、三件目のリサーチも欠かせません。

金曜日の夜ともなると、まずラブホは満室になりますし、リベンジ消費に伴う観光需要の回復によって、ビジネスホテルやラグジュアリーホテルも空室が減ってきています。

どのような状況においても、行き場を失ってマックで始発を待つ、あるいは、空室のラブホを求めて歩かせ続ける、という失敗をしないために、しっかりとした情報収集をしておくことはツーショットダイヤルナンパの重要な要素の一つと言えます。

複数プラットフォームの同時進行がベスト

ツーショットダイヤルで即アポの女性をナンパするのは、非効率です。

もちろん、リアルのナンパはツーショットダイヤルの醍醐味の一つで、それを求めているナンパ待ち女性がいるのも事実です。

しかし、電話が繋がってお相手と会話をしている間に、他の女性をナンパすることはできません。

すなわち、ナンパにレバレッジが効かないのもまた、ツーショットダイヤルの特徴の一つなんです。

そこで併用したいのが、出会い系サイトやマッチングサイトです。

マッチングサイトに登録しておくだけで、やれる女性をゲットできることは有名ですが、いわゆる出会い系サイトにおけるナンパ待ちも近年増えてきています。

一般的な傾向としては、マッチングサイトの方が真面目な交際を望む女性が多く、出会い系サイトにはパパ活募集を求める女性が多い傾向にあります。

そのような傾向も踏まえた上で、会員登録を済ませて、ナンパ待ちの意思を示しておく。

それだけで、数倍も出会いのチャンスは広がります。

時間を無駄にしてはいけません。

ツーショットダイヤルをしている間に、スマホに働かせる、という固定概念の脱却こそ、ツーショットダイヤルナンパに欠かせないマインドセットの一つと言えます。

年齢別ツーショットダイヤル攻略

20代女性の攻略

ツーショットダイヤルにおいて、20代女性はレアな存在です。

実際、ツーショットダイヤルを認知し、活用している層はアラサー、アラフォー女性であり、20代女性はライブチャットやビデオ通話アプリ、ライブ配信アプリに夢中です。

30代以上の女性が、ツーショットで二人きりの秘密の交際を望む傾向がある一方で、20代女性の場合は、みんなに愛されたい、フォローされたい、人気者になりたい、というニーズが見られます。

すなわち、たった一人で独占しようとするのではなく、人気者になれるように応援してあげる、というアプローチが成功のヒントとなるでしょう。

30代女性の攻略

ツーショットダイヤルのメイン層は、30代女性です。

独身女性も既婚女性もどちらも利用率が高いのが30代のアラサー女性であり、それと同時に、性欲が最も高まるホルモンバランスもその論拠となります。

30代女性が求めているのは、ずばり、聞き役が欲しい、褒められたい、慰められ合い、共感されたい、という願望です。

これらの願望は、ツーショットダイヤルと相性がよく、話し相手を募集している30代には必ず響くポイントでもあると言えます。

すなわち、聞き役が欲しい、褒められたい、慰められ合い、共感されたい、という願望をツーショットダイヤルで満たしてあげることが、30代女性の攻略に直結します。

40代女性の攻略

40代女性もツーショットダイヤルのメイン層の一角でありつつ、その需要はやや異なります。

アラフォー女性も、アラサー女性と同じく性欲旺盛でむらむらして、ツーショットダイヤルに電話をかけてきています。

しかし、聞き役が欲しい、褒められたい、慰められ合い、共感されたい、というアラサー女性の願望よりも、息子ほど歳の離れた男性を癒してあげたい、女として求められたい、というニーズがより色濃くなるのも、アラフォー世代の特徴なんですね。

すなわち、性的にも心理的にも、若い男性が年上女性に甘える、という構図が市場を盛り上げているパターンの一つと言えます。

女性も楽しめるツーショットダイヤル

あえて音声通話が好まれる理由

ツーショットダイヤルとは、男女が電話でテレフォンセックスを楽しむのが基本であり、当然のことながら、一般の素人女性からのコールが必須です。

逆に言えば、ツーショットダイヤルが成立しているという事実は、そこに自らの意思によって能動的にツーショットダイヤルに電話をかけてくる、一般の素人女性が存在するという証明でもあるんですね。

そんな、女性も惹きつけるツーショットダイヤルの魅力は、なんと言ってもそれが音声通話で完結するというシンプルかつアナログな仕組みにあります。

顔出し不要で声のみでも楽しめる仕組みは、アダルトなサービスに興味はあるけど身バレやトラブルが心配、という層に見事に受け入れられることになりました。

さらに、顔出し不要ということは、お化粧を気にする必要もない、すっぴんでも気兼ねなく楽しめるという点は、女性ならではの心理と言えます。

ちょっと想像してみてください。

男性なら誰しも、突然むらむらしてオナニーをしたくなる瞬間がありますよね。

それは、女性も同じです。

女性も、突然むらむらしてオナニーしたくなる瞬間があるんです。

でも、自宅でリラックスしていて、お化粧もしていないすっぴんの状況で、ビデオ通話によるライブ配信は逆に敷居が高いですよね。

女性にとって、顔出し不要という利点は男性が想像する以上に高い、という点が女性人気を底上げすることになったのです。

話を聞いて欲しい女性心理

元来、女性は人に話を聞いて欲しいという欲求を多かれ少なかれ持っているものです。

そして出来れば、褒められたい、慰められたい、そして、共感されたい、という潜在意識を持っています。

それが、ツーショットダイヤルの仕組みと相性が良かったんですね。

事実、ツーショットダイヤルにおける会話の中で、エロい下ネタトークを一切せずに、世間話を楽しみたいというニーズは一定量存在します。

もちろん、話を聞いて欲しいという欲求が満たされた先に、テレフォンセックスに代表される電話の性行為が存在しますが、あくまでもその入口は、人に話を聞いて欲しい、というシンプルな願望にあることがほとんどなですね。

ツーショットダイヤルは、もちろん女性コールに繋がってすぐにテレフォンセックスを楽しめます。

しかし、この心理を理解しておくことで、初対面の女性との世間話がいかに重要か、そのニーズを再認識いただけたのではないでしょうか。

逆に言えば、そんな潜在ニーズを叶えてあげることで、その後のテレフォンセックスがさらに良いものになったり、あるいは、女性が抱いていた当初の目的を超えて、対面のデートへと発展する意外なきっかけになり得る、それが世間話という前戯なんですね。

ぶっちゃけ誰かとオナニーしたい

そもそも、女性だったオナニーしたい。

男性と同じように、サクッとオーガズムを感じたい。

これが女性の本音です。

現代社会において、男性と同じように、女性も手軽にオカズを手に入れられる時代になりました。

女性も、男性と全く同じ要領でエロ動画を検索し、男性がサクッと射精する要領でオーガズムを楽しんでいます。

その証明として、一人エッチという言葉の代替としてセルフプレジャーという言葉が誕生し、大人のおもちゃも充実している現実があります。

しかし、男性がすぐにオカズに飽きてしまうのと同様の現象が起こり、エロ動画という刺激は役に立たなくなってしまう。

そして最後にたどり着くのが、人間同士のセックスなんですね。

だから、ツーショットダイヤルにニーズがあるんです。

音声のみのツーショットダイヤルでも、相手は正真正銘の人間です。

疑似的な性行為を再現するテレフォンセックスにおいても、それは正真正銘のセックスの一種です。

手軽なオカズに慣れ、さらなる強い欲求を求める先にあるのがツーショットダイヤルであり、それがツーショットダイヤルが衰退しなかった遠因の一つとも言えます。

ツーショットダイヤルのトラブル

サクラとの向き合い方

ツーショットダイヤルには、サクラがいます。

正確に言えば、サクラと同等の女性がいる、という言い方が正しい認識と言えます。

そもそも、ツーショットダイヤルとは、男女がテレフォンセックスを楽しむ場です。

当然のことながら、女性が電話をかけてくるからこそ、成り立つサービスです。

しかし、ツーショットダイヤルに電話をかけてくる女性たちは、大きく分類すると、2つのパターンがあることをよく理解してください。

一つ目のパターンは、純粋に、エッチな通話相手を求めて、自らの性的欲求を満たすために電話をかけてくるパターンです。

もう一つは、テレフォンレディ(テレレ)として、アルバイト感覚でツーショットダイヤルを楽しむ女性です。

前者の場合は、性的欲求を満たすことが主目的であり、後者の場合は、金銭的欲求を満たすことが主目的です。

すなわち、後者の女性を総称して、サクラと呼ぶのですね。

しかし、ここでこの記事の一番最初に戻って、思い出してみてください。

ツーショットダイヤルの目的は、なんだったのでしょうか。

ツーショットダイヤルとは、何のために存在しているのでしょうか。

答えは、テレフォンセックスをするためですよね。

テレフォンセックスをするのが、ツーショットダイヤルの目的であり、存在意義でもあるのです。

ここで話を戻しますが、女性の目的が性的欲求を満たすためでも、金銭的欲求を満たすためでも、どちらのタイプの女性でも、その女性とテレフォンセックスを楽しめます。

これが、答えです。

相手が一般女性なのか、サクラなのか、そもそもその議論に意味がない、という答えがお分かりいただけたのではないでしょうか。

ツーショットダイヤルとは、テレフォンセックスを楽しむ場です。

原点に変えると、本質が見えてきます。

請求トラブルへの対処法

ツーショットダイヤルにおける請求トラブルは、大きく分けると2つのパターンが見られます。

一つ目は、ツーショットダイヤルを使ったのに、想像以上に料金がかかってしまったり、無料だと思っていたのに請求がきて驚いてしまうケースです。

このようなケースの遠因は、無料ポイントの理解にあります。

一般的なツーショットダイヤルの場合、初回登録時に、無料で遊べるお試しポイントが付与されるのが一般的であり、実際にその無料ポイントを使って、女性とテレフォンセックスを楽しんだり、ナンパを成功させることも可能です。

しかし、無料ポイントを使い切った後に、自動的に後払い料金が発生してしまうシステムに気を付けなければなりません。

無料ポイントを使い切った後に発生した利用料は、しっかり清算しなければならないのです。

その一方で、お金を払う必要のない請求もあります。

それが、ツーショットダイヤルの架空請求や高額請求に関するトラブルです。

一般的な、大手のツーショットダイヤルにおいて、架空請求や高額請求をするような悪徳業者はそれほど多くありません。

しかし、ツーショットダイヤルを一度も使ったことがないのに、ツーショットダイヤルの料金を請求されたり、あるいは、法外な利率の延滞料を請求されるようなケースにおいては、支払い義務がないのです。

このような請求があった場合は、専門知識のある弁護士に相談するのがベストですが、違法な請求を無視しても、違法である以上は強制的に取り立てることもできないため、無視しても問題ないというのが世間一般的な見方です。

不倫について

ツーショットダイヤルは、不倫をする場にもなり得ます。

事実、既婚女性がテレフォンセックスを求めてツーショットダイヤルを始めるケースは少なくないため、必然的に不倫に近い設定が生まれるのも必然です。

また、リアルで待ち合わせをしたお相手が、既婚女性、すなわち人妻だったというパターンも少なくありません。

しかし、元来、ツーショットダイヤルそのものが不倫を助長しているという法的根拠はありません。

不倫とは、不貞行為の有無によって法的に定義づけられるからです。

不貞行為とは、分かりやすい言葉に変換するなら、セックスをするということです。

そして、セックスをするとは、男性器を女性器に挿入する行為を指します。

すなわち、音声のみで完結するテレフォンセックスは、不倫には当たらないのです。

その一方で、恋人がいる男女や、既婚者が、パートナー以外の異性とテレフォンセックスをしたらどうなるでしょうか。

それは、一般的な価値観から見て、浮気と認められます。

逆に、浮気という概念は、日本の法律における定義はありません。

男女が、それぞれの結果責任を追いながら浮気をする、不倫をするという行動は、各々が選んだ道であり、それは誰にも止めることはできません。

しかし、どのような選択をするにしても、浮気と不倫の定義を押さえておくということ、すなわち、自らの行動を法的、道徳的に客観視することこそ、自ら取るべき行動を正しく判断するヒントになるのではないでしょうか。

まとめ

ツーショットダイヤルは今が旬

20世紀に誕生したツーショットダイヤルは、90年代後半から2000年代初頭の出会い系サイトブームによってその主役が奪われたものの、コロナ禍の自粛ムードやリベンジ消費の需要と相まって、今、再び脚光を浴びています。

事実、高速インターネットの普及やスマホの高性能化によって、かつては音声のみだったツーショットダイヤルは、リアルタイムの映像配信によるオナニー見せ合いや、リモートバイブによる遠隔セックスという新しい文化を生み出しました。

しかし、テクノロジーの進歩は、必ずしも性の満足と比例していなかったんですね。

実際、生配信によるオナニーの見せ合いは刺激的なものですが、顔出しが前提のオナニー配信は常に録画や身バレのリスクがあり、一般女性にとっては逆に敷居の高いものへと変化していったという考え方もあります。

そのような背景がある中で、逆に、声のみで楽しめるアナログなツーショットダイヤルが、再び脚光を浴びることになったんですね。

コロナ禍における自粛の反動によって、リベンジ消費とともに、リベンジセックスが盛り上がっていく社会において、対面による生のセックスをする機会はこれから増えていくと見られます。

完全に電話だけで完結するテレフォンセックスも、実際に直接会って生挿入するリアルのセックスも、どちらか一方がなくなり、どちらか一方が生き残るという考え方ではなく、どちらもニーズは存在し続け、その時々の気分に応じて使い分ける遊び方が一般的になっていくと考えられます。

固定電話や公衆電話の時代に生まれたテレフォンセックス文化は、今も昔も変わらず存在し続けるのです。

そして、その上のレイヤーに、今後もどんどん新しいテクノロジーに下支えされた新世代のセックスの形が見えてくるはずです。

ツーショットダイヤルの未来

メタバースとは、バーチャルセックスのために生まれた概念と言っても過言ではありません。

実際、オンラインゲームにおけるバーチャルな世界観を発展させた概念がメタバースである一方で、古来から、メタバースという仮想空間における性行為は常に期待されてきた可能性の一つでした。

事実、オンラインゲームの仮想空間の中で、女性キャラクターが男性キャラクターから性行為を受ける、いわゆるメタバースレイプ、メタバース強姦といったキーワードが誕生したのも最近の話ではありません。

その一方で、性行為の多様化は留まることを知らず、90年代に誕生したエロライブチャットにおける遠隔バイブによるリモートセックスは、リアルとバーチャルが繋がった瞬間だったと言えます。

事実、ライブチャットを介するバーチャル空間の相互オナニーである一方で、リモート操作しているバイブは実際に女性の性器の中に挿入されており、男性の意思と疑似的な性器が意思疎通しているという点において、バーチャル空間を超えた発明だったと言えます。

メタバースにおけるセックス、すなわちエロメタバース、メタバースセックスの楽しみ方は、今後どんどん膨らんでいくことでしょう。

ツーショットダイヤルを楽しむ手段が、固定電話や公衆電話しかなかった時代に、生配信のオナニーを覗きながらリモートバイブを操作するなど、誰が想像したでしょうか。

今後、VRやARを超えて、MRがエロの主役になると言われています。

すなわち、デジタル信号が生み出した女体が、目の前に投影される時代です。

メタバースやMRのような新しい概念、新しいテクノロジーの発展は、まさにエロの需要がその裾野を広げていくことでしょう。

このように考えると、人間社会の発展は、ツーショットダイヤルから始まり、ツーショットダイヤルとともに発展し続けている。

世界を俯瞰すると、その中心には常にツーショットダイヤルが存在していたのですね。

チャンスを逃すと他の男性に盗られる

この記事を読んでいる今この瞬間にも、女性はツーショットダイヤルに電話をかけてきています。

話し相手が欲しい、テレフォンセックスをしたい、という理由で、今この瞬間にも女性はスマホを握りしめて待機しています。

ツーショットダイヤルに電話をかければ、今すぐに通話を楽しめます。

しかし、今すぐにツーショットダイヤルを利用しなければ、待機している女性は他の男性に盗られます。

リアルで会ってもいいかな、ワンナイトラブしたい気分だな、という積極的な女性が目の前にいるのに、盗られて他の男性とセックスされるのはくやしいですよね。

今すぐツーショットダイヤルをするのが、賢い男性の姿と言えます。

ぜひこの記事をもう一回最初から読み返してみて、攻略のコツと注意点をおさらいしたら、完全に無料でタダで体験できるお試しポイントを使って、遊んでみてはいかがでしょうか。

アソコをぐっしょり濡らした女性が、スマホ片手に待機しています。

2023年10月18日ツーショットダイヤルコラム

無料お試し!ツーショットダイヤルランキング

ハニーライン
ハニーライン

お得 雑誌コード【444847】入力で最大6,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

日本最大級の素人専門ツーショットダイヤルの老舗定番サイトだ。今すぐテレフォンセックス出来るエロい女性からのコールがひ...
[料金/詳細はこちら]

イエローキャット
イエローキャット

お得 お試しパスワード【8149】入力で最大7,000円分無料進呈!

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

無料サービスポイント増額しました。SMプレイ専門の本格ツーショットダイヤルだ。ソフトSMでは物足りない本物志向のM女、S女...
[料金/詳細はこちら]

スイートコール
スイートコール

お得 雑誌コード【445079】入力で初回4,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

ハニーライン系列の、日本を代表するツーショットダイヤルの一つがスイートコールだ。即アポ希望のナンパ待ち女性からテレフ...
[料金/詳細はこちら]

イクイクチャット

お得 1,500円分無料pt付き

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

顔写真から選んで即テレフォンセックスを楽しめるツーショットダイヤルの老舗サイトだ。自宅で一人エッチ中のエロい素人と相...
[料金/詳細はこちら]

コールネット地域密着

お得 1,000円分無料体験

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

コールネットは18年以上の運営実績のある老舗のツーショットダイヤルだ。地域密着のナンパツーショットはもちろん、不倫専門...
[料金/詳細はこちら]

[もっと見る]


PAGE TOP