メタバースセックスとは?従来のバーチャルセックスとの違いを徹底解説

メタバースセックスとは?従来のバーチャルセックスとの違いを徹底解説

メタバースセックスとは

メタバースの定義

最初に結論を言います。

メタバースとは、バーチャル空間+アバター+VR感覚の3要素を指す言葉です。

これが、メタバースの定義です。

もちろん、メタバースという概念そのものが新しいものであることや、様々な角度から語られることから、その定義は様々です。

具体的には、いわゆるVR技術中心に議論する派閥や、NFT技術を中心に議論する派閥、そして、3D技術を中心に議論する派閥と、ざっくり分類するだけでも3種類の視点が存在するのが、メタバースというバズワードなんですね。

しかし、現実問題、それらのテクノロジーは個別のものではなく、深く絡み合っているものです。

すなわち、どれがメタバースかという議論ではなく、それぞれを相互に融合させた先に真のメタバースの理解があるんですね。

その一方で、いかにもメタバースと呼べるような、象徴的な技術が確立してきているのもまた事実です。

そして、そのメタバースというバズワードに欠かせないものが、前述した、バーチャル空間+アバター+VR感覚という3要素だったんですね。

すなわち、これら3要素がメタバースの全てを構成するという意味ではなく、様々な定義や応用技術の中心として据えるべき概念であるのは、間違いないと言えるのが、この3要素なのです。

繰り返しになりますが、バーチャル空間+アバター+VR感覚という3つの要素は、メタバースに欠かせない必須の要素と言っているのではありません。

しかし、メタバースという概念を理解するために、非常に分かりやすいキーワードであるのは確かなのです。

本稿では、メタバースセックスという新しい性行為の概念を真に理解するために、まずはその前段階として、メタバースとはなにかという点についてこの3要素を念頭に議論を深めていきたいと思います。

メタバースセックスの定義

さて、前節では、メタバースの定義を確認しました。

そしてメタバースの定義とは、バーチャル空間+アバター+VR感覚である。

という定義を確認しました。

それが、メタバースの定義です。

それでは、そんなメタバースから発展した、メタバースセックスの定義はどのようなものなのでしょうか。

もちろん、メタバースセックスもメタバースの一種なのですから、バーチャル空間+アバター+VR感覚という概念がそのまま当てはまります。

すなわち、メタバースセックスの定義もまた、バーチャル空間+アバター+VR感覚と言えるのです。

但し、ちょっと注意が必要です。

メタバースという広い概念を議論する際にも、メタバースセックスという一種の性行為を議論する際にも共通する事柄の一つに、性別という視点があります。

現実世界には、男性と女性という性別があり、さらに、さらにそのどちらにも属さないジェンダーや中間的な性が存在します。

そのような傾向はメタバースの世界にも共通します。

しかし、メタバースにおける、特にバーチャル空間とアバターという特性において、その性別の解釈がやや異なるのが、現実世界とは大きく異なるポイントとなります。

特に、性行為を伴うメタバースセックスの場合、性別の取り扱いは特に重要であり、そこがメタバースセックスの要点の一つとなるのですね。

事実、男性が美少女アバターになりきる、あるいはその逆といった事象が、メタバースの世界ではごく当たり前に起こります。

そんな性別という観点からも、本稿では議論を深めていきたいと思います。

ぜひ最後まで楽しみに読んでみてください。

世界が180度変わるはずです。

メタバースでエロを楽しむ注意点

メタバースでエロを楽しむ上で注意が必要なのは、性的な言動が許されているか否かです。

誕生して歴史が浅いメタバースにおけるバーチャル空間では、しばしばそのモラルが議論されることがあり、近年ではメタハラが問題視されるようになってきました。

メタハラの議論はこの記事の後半で詳しく解説していきますが、どのようなプラットフォーム上であっても、そこにあるルールに則って楽しむのが最低限の社会のルールである、という点を押さえておいてください。

詳細は後述しますが、メタバースセックスの醍醐味の一つとして、現実では実現不可能な性行為、すなわち電車内での痴漢プレイのような、法律や条例で禁止されていたり、社会通念上不適切と見られる行為を、完全なるバーチャル空間においてアバター同士の性行為の一種として楽しむことができる。

これがまさにメタバースセックスの醍醐味です。

但し、そこに合意があることは、それが現実社会であっても、メタバースの空間であっても、同じである、という点を押さえておいてください。

すなわち、合意のない性行為、つまりメタバースレイプやメタバース強姦といった強制的な性行為は、現実社会と同様に、何らかのペナルティが課せられる可能性があることを示唆しているのです。

それぞれのプラットフォームには、独自のルールがあります。

ノンアダのバーチャル空間においては、メタバースセックスが禁止されているケースもあります。

メタバースセックスに興じる際には、ぜひ現実社会と同様に、ルールに従わなければならない、すなわち、相手が異性であるか同性であるかを問わず、相手を尊重するという意識が欠かせないものなのですね。

従来のバーチャルセックスをおさらい

チャットエッチ

Facebookが社名をMeta(メタ)に変更したのが、2021年10月28日です。

それがまさに、メタバースセックス時代の到来を予感させるものでした。

しかし、元来、バーチャルセックスの歴史を紐解くと、その源流は90年代にまで遡ります。

当時、インターネットの通信速度も遅く、スマートフォンもない時代に、バーチャルセックスの主流は文字、すなわちチャットが元祖でした。

当時から、ツーショットチャットやパーティーチャットと呼ばれる、文字のみのコミュニケーションの場が発展しており、そこでは夜な夜なチャットエッチが盛り上がったものです。

当然のことながら、相手の顔も裸も見ることはできませんでしたし、先進的なチャットでも写真を送り合うのがやっとのアナログなものでした。

それでも、文字によるバーチャルセックスは非日常の性行為であり、全国、全世界の男女が文字によるサイバー空間で夜な夜な性行為に勤しんだものです。

そして、当時からネカマが存在していました。

ネカマとは、ネットとオカマを掛け合わせて造語で、主に、男性が女性のふりをしてチャットに参加していたことから、男性にとっては敵視されるケースも散見されました。

当時、人気を博したアダルトサイトの中には、「打倒ネカマ」を題材としたネットナンパサイト「打倒ネカマ!ハメハメ隊のネットナンパ」が登場したのもこの時代です。

Facebookの社名がMetaに変わる30年以上前に、メタバースセックスの源流が既に存在していたことを示す貴重な史料と言えます。

テレフォンセックス

バーチャルセックスの中でも、実際に生身の女性と疑似的にセックスを楽しめるという点において、テレフォンセックスは画期的でした。

前節で解説したチャットエッチの場合、文字のみでやりとりする特性上、お相手が本当に女性なのかどうか、その性別を確かめることが困難でした。

その一方で、音声通話によるテレフォンセックスにおいては、確実にお相手の声を聞けるため、少なくとも相手が女性であるという保障を得られるという点が大きな差別化だったと言えます。

もちろん、相手の容姿を見ることはできないため、年齢を偽る女性がいたのも事実です。

しかし、音声通話によるテレフォンセックス、すなわち声のバーチャルセックスにおいて、年齢はそれほど大きな意味を持たなかったのもまた事実なんですね。

そもそも、音声通話によるテレフォンセックスの醍醐味は、イメージプレイ。

すなわち、現実世界の自分とは異なる設定やシチュエーションで、本当の自分とは違うキャラクターになりきって性行為を楽しめる。

それがまさにテレフォンセックスの醍醐味だったと言えます。

そのような観点から見れば、テレフォンセックスはチャットエッチの進化系でありつつも、異なるターゲットに指示されていたと考えられます。

ビデオ通話オナニー

近年、バーチャルセックスの代名詞とも言われるビデオ通話オナニーは、まさにメタバースセックスの源流と言えます。

ネット回線の高速化とスマホの高性能化によって、個人がスマホ一つでエロライブ配信を楽しめるようになった昨今、性的な欲求を満たしたい女性もまた、個人の意思でバーチャルセックスを楽しめるようになったことが遠因と言えます。

事実、90年代に生まれたアダルトライブチャットにおいては、お小遣い稼ぎやアルバイトのような感覚でアダルトな配信を行うチャットレディ(チャトレ)、あるいはパフォーマーと呼ばれる女性がほとんどでした。

一方で、2020年代に入ってからは、生配信そのものを楽しむ女性が増え、ファンや投げ銭を自らの意思で集めていく、いわゆるエロライバーと呼ばれる女性層が増えたのもこの時期です。

ビデオ通話オナニーとは、男女がビデオ通話を通じて、まるでその場に一緒にいるかのように架空のセックスを行うことです。

言い換えるなら、相互オナニーと言えます。

しかし、従来のチャットエッチやテレフォンセックスと大きく異なる点は、生の映像を見れる、あるいはお互いに見せ合えるというリアルタイム性にあると言えます。

もちろん、音声通話のテレフォンセックスにおいては、相手が生身の女性であるという性別の保障を手にしていましたが、ビデオ通話を介在することによって相手の容姿や年齢まで手に取るように把握できるようになった。

これが大きな変革だったと言えるでしょう。

しかし、チャットエッチからテレフォンセックスへ、そしてテレフォンセックスからビデオ通話オナニーへと進化してきたバーチャルセックスですが、オンライン上の性行為が現実に近づけば近づくほど、性別という枠に囚われていくことに繋がったと見ることもできます。

事実、音声を聞けるテレフォンセックスや、相手の顔が見れるビデオ通話において、ネカマは排除されました。

しかし、見方を変えれば、性別という概念に囚われていることで、失っていく性行為があったのです。

それが、性別を超えたなりきりイメージプレイであり、メタバースセックスにおいて再注目されているアバターという概念へと繋がっていったと学術的に捉えるのも自然な発想の一つと言えます。

メタバースセックスの相手は誰か

現実の女性と

メタバースセックスとは、バーチャル空間において、アバター同士で疑似的に性行為をすることを指します。

具体的には、チャットや音声で会話をしつつ、お互いがオナニーをする、相互オナニーが基本です。

アバターは、その容姿を好きなようにカスタマイズ可能なため、現実世界の自分とまったく同じにしたり、逆に、まったく異なる容姿を楽しめるのも、メタバースセックスの醍醐味の一つと言えます。

現実とは違う自分になって、架空のキャラクターを演じながら性行為を楽しめる。

メタバースセックスは、なりきりイメージプレイの進化系と言えます。

性別不問の美少女アバターと

確かに、現実とは違うキャラクターになりきって性行為を楽しめるのは斬新です。

しかし、別の自分になるという点において、アバターを介することが生み出したのが性別という概念の破壊でした。

ツーショットダイヤルやビデオ通話エッチの場合、自分自身の声や顔を変えることはできませんでした。

すなわち、オンライン上で性癖を変えて楽しむことはできても、自分自身はそのままだったんですね。

しかし、メタバースセックスの場合、声も顔も見えないアバターを介することから、性癖変更のみならず、性別まで変えられるという新しい領域に達したと言えます。

これは古来の、チャットエッチに由来します。

文字のみでやりとりするチャットエッチは、相手の声も顔も見られないことから、性別という概念さえも超える性行為でした。

時代は回ると言いますが、90年代に流行ったチャットエッチが進化したものこそ、メタバースセックスだったと言えます。

男性が女性になって性行為を楽しめる、女性が男性になって性行為を楽しめる。

これがメタバースセックスの要点であり、メタバースの存在意義の一つと言えます。

完全に架空のアバターと

メタバースのアバターは、現実の性別をも超えるというお話をしてきました。

メタバースとは、性別を超えて人々と交流できる場であり、メタバースセックスをするためのテクノロジーの一つと言えます。

しかし、そんなテクノロジーがさらに進化した先には、人間とAIとの性行為が存在します。

AIが人間とのコミュニケーションを学習していく過程で、性行為を理解し、人間と人間との性行為を超えていく時代がすぐそこまで来ているのです。

事実、二次元の美少女キャラクターとチャットで会話をしながら、性行為を楽しめるアプリは、ゲームの一種として既に存在しています。

それがさらに発展していくと、3Dのバーチャル空間に、人間が操るアバターとAIのアバターが混在するようになり、むしろその境界線はなくなっていくでしょう。

その先にある未来は、人間とAIとのメタバースセックスに他なりません。

人間よりもむしろあなたの性癖に最適化されたAIによって、性別を超えて、性癖を超えて、本当に理想的な性行為を楽しめる。

メタバースというテクノロジーは、まさにそんなメタバースセックスのために生まれたと言っても過言ではありません。

メタバースセックスの問題点

メタハラとは

メタバースとセクハラの造語として、メタハラという言葉があります。

これは、メタバースのバーチャル空間上におけるセクハラ行為を指します。

例えば、女性アバターに対して、男性アバターが卑猥な言葉で話しかける、あるいは、意図せず卑猥な写真を撮られるといった行動に対して使われます。

現実世界と同様に、アバター同士の健全なコミュニティを乱す行為であるのは間違いありません。

但し、ここで注意すべきなのは、メタバースは性行為を楽しむ場でもあるという事実です。

現実世界では、満員電車の中で痴漢を楽しむといったプレイを行うことはできませんが、それを望んでいる性癖を持った男女がいるのも事実であり、そんな願望が叶うのもまた、メタバースの目的の一つだからです。

メタバース時代においては、このような性の合意がより一層重要になってくると考えられます。

メタハラより悪質な集団レイプ事件

メタバースが誕生して間もなく、バーチャル空間における強姦事件が起こりました。

具体的には、女性アバターの周りに複数の男性アバターが集まり、バーチャルなレイプが行われたと言われています。

ここでもまた、男女の合意が焦点となります。

現実世界には、レイプや強姦といったアブノーマルな願望を持った男女がいるのも事実であり、旧来のチャットエッチやテレフォンセックス、ビデオ通話エッチにおいては、むしろレイプや強姦といった妄想プレイが主流でした。

現実には不可能だからこそ、バーチャル空間におけるイメージプレイとして成立するのですね。

男性も女性も、人に言えない妄想を抱えているのは事実です。

人に言えない願望、性癖があるからこそ、オナニーが捗るからです。

メタバースセックスにおいては、そのような特性をよく理解しつつ、男女間の合意形成に注意した上でアブノーマルな性行為を存分に楽しむのが粋なメタバースセックスの愉しみ方と言えます。

未成年とのメタバースセックスは違法か

現実社会では、成人している男女が、未成年者と性行為をすることが禁じられています。

しかし、メタバースにおいては、そのアバターが未成年であるかどうかを確実に確かめる手段がなく、それを取り締まる法律も存在しません。

すなわち、グレーゾーンの領域と言えます。

事実、3Dのバーチャル空間において描写されるアバターは、あくまでも自由に選択して作り上げられたキャラクターであり、年齢どころか、性別まで不確かな存在でしかないからです。

今後、バーチャルセックスに関する法律や条例が生まれる可能性がありますが、現実の性行為と同様に、相手が未成年であるかどうかという点においては一定の注意が欠かせないと言えます。

まとめ

メタバースセックスの要点

この記事の最初に、メタバースの定義として、バーチャル空間+アバター+VR感覚の3要素を指すことを確認しました。

そして、メタバースセックスにおいては、性別の概念が大きく変わることが従来のバーチャルセックスとの違いであるという点を確認しました。

これがまさに、メタバースセックスの要点です。

すなわち、インターネット黎明期のチャットエッチ文化において、性別の見えない相手とのコミュニケーションには往々にしてネカマが存在したのものですが、テレフォンセックスやビデオ通話オナニーへと発展する過程で、オンラインでありながらもリアルに近づいたことから性別の概念もリアルに追いついてきた歴史があります。

しかし、メタバースセックスでは、バーチャル空間+アバターという基本概念を踏襲するために、性別という観点で言えば古来の盲目的なコミュニケーションへと逆戻りして楽しめるようになったと言えます。

言い換えるなら、性別という枠に囚われないということ、すなわち、男女どちらの性別にもなれる、性別フリーの性行為を楽しめるのが、メタバースセックスの真の姿だったと言えます。

メタバースにおけるアバターとは、それを操作する人間が男性なのか女性なのか、あるいはAIなのか、そんな小さい概念を超えて、純粋にアバター同士のコミュニケーションを楽しむ、その先にバーチャルセックスがある。

すなわち、メタバースセックスこそ、メタバースの存在意義であるとも言えます。

メタバース恋愛が新しい

メタバースは、出会いの場です。

メタバースは、バーチャル空間におけるアバターとアバターとの出会いの場ですが、本質的には、その背景にいる人間と人間との出会いを作り出す場であると言えます。

当然のことながら、男女が交わればそこに恋愛感情が生まれるのは必然で、メタバースというテクノロジーは、必然的に出会いの場になる、これもまた真のメタバースの姿であると言えます。

メタバース恋愛には、2つのタイプが存在すると言われています。

一つが、メタバースの内部で完結する恋愛、すなわち、オンライン上のみでやりとりする恋人と繋がる場としてメタバースが存在するケースです。

言い換えるなら、オフラインには移行しない人間関係を指します。

このようなパターンの場合、お互いのことをメタバース彼女、メタバース彼氏といい、そのプラットフォーム内部でまるで本物の恋人同士のような人間関係を育みます。

そしてそこには、メタバースセックスも同然含まれることになります。

その一方で、バーチャル空間で出会った相手と、オフラインで交流する出会いもまたメタバースの目的の一つとなり得ます。

すなわち、メタバースの内部で、アバターとして出会った男女が、オフラインへ移行して対面でデートをしたり、リアルでセックスすることも含みます。

これは、従来から存在している、オンラインゲームにおける出会いによく似ています。

オンラインゲームで出会った男女が恋人になったり、結婚したりするケースは、世界中で当たり前になった一つの出会いの文化と言えます。

メタバース時代においても、アバター同士のコミュニケーションで完結するメタバース恋愛や、オフラインの出会いにも移行するマッチングの場として、メタバースと出会いは切っても切れない関係になると考えられます。

今すぐ楽しめるバーチャルセックス

メタバースは新しい概念のため、メタバースセックスについての研究はまだ深まっているとは言えません。

メタバースセックスという性行為は、新しいデバイスの開発や普及が不可欠であり、また、それを楽しむ人間自身の適応が必要です。

その一方で、今すぐに楽しめるバーチャルセックスとしては、従来から存在しているチャットエッチ、テレフォンセックス、ビデオ通話オナニーが挙げられます。

メタバースに欠かせない要素の一つ、バーチャル空間は存在しない一方で、目の前で対面している相手ではなく、オンライン上のみで繋がるコミュニケーションという観点から語られる場合、それはもはやメタバースの一歩手前まで進化しているセックスの一つだったんですね。

事実、ツーショットダイヤルやエロ生配信アプリにおいて、人に言えない性癖をさらけ出せる女性は多いもので、イメージプレイが盛んなのもそんな理由からきています。

すなわち、ツーショットダイヤルやエロ生配信アプリという場は、自分自身の中に潜在的に存在した性癖を、惜しげもなくさらけ出して楽しめる架空の場だったんですね。

事実、彼氏や夫に見せられないような卑猥で過激なイメージプレイを求める一般女性が多いのも、それを裏付けています。

3Dのバーチャル空間におけるメタバースセックスは、それが浸透するまでにもう少し時間がかかります。

それまでの間、ツーショットダイヤルやビデオ通話エッチサイトこそ、メタバースセックスの代替としてベストな選択肢になると言えるでしょう。

無料で今すぐ楽しめるのに、やらないなんて損ですよね。

無料お試し!ツーショットダイヤルランキング

ハニーライン
ハニーライン

お得 雑誌コード【444847】入力で最大6,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

日本最大級の素人専門ツーショットダイヤルの老舗定番サイトだ。今すぐテレフォンセックス出来るエロい女性からのコールがひ...
[料金/詳細はこちら]

イエローキャット
イエローキャット

お得 お試しパスワード【8149】入力で最大7,000円分無料進呈!

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

無料サービスポイント増額しました。SMプレイ専門の本格ツーショットダイヤルだ。ソフトSMでは物足りない本物志向のM女、S女...
[料金/詳細はこちら]

スイートコール
スイートコール

お得 雑誌コード【445079】入力で初回4,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

ハニーライン系列の、日本を代表するツーショットダイヤルの一つがスイートコールだ。即アポ希望のナンパ待ち女性からテレフ...
[料金/詳細はこちら]

イクイクチャット

お得 1,500円分無料pt付き

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

顔写真から選んで即テレフォンセックスを楽しめるツーショットダイヤルの老舗サイトだ。自宅で一人エッチ中のエロい素人と相...
[料金/詳細はこちら]

コールネット地域密着

お得 1,000円分無料体験

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

コールネットは18年以上の運営実績のある老舗のツーショットダイヤルだ。地域密着のナンパツーショットはもちろん、不倫専門...
[料金/詳細はこちら]

[もっと見る]


PAGE TOP