女性部下の誘い方を徹底解説、思わずデートをOKしたくなるセリフや例文も

女性部下の誘い方を徹底解説、思わずデートをOKしたくなるセリフや例文も

はじめに

女性部下の誘い方は簡単

最初に結論を言います。

女性部下の口説き方は、簡単です。

女性部下は、簡単に口説けます。

これが、この記事の結論です。

この記事は、女性部下を好きになってしまった上司が、その部下をデートに誘う方法を、セリフや例文も交えつつ解説する記事です。

この記事を読めば、女性部下を誘えますし、口説けるようになります。

そもそも、女性部下の誘い方は簡単、と断言できる理由は、女性部下の誘い方がパターン化している、という点に尽きます。

逆に言えば、成功パターンが決定しているので、逆の余計なことをする必要がないんです。

成功パターンが決まっていると断言できる理由は、誘われる側である女性部下の心理に由来します。

女性心理を心理学的見地から見た場合、上司から好かれる、誘われるという状況においては、その誘いを断る合理的根拠は少なく、誘いを受けやすいと言えるからなんですね。

もちろん、その論拠はこの記事の中で全て証明します。

今は、女性部下を誘う方法は簡単、という結論を覚えておいてください。

人に好かれて嫌な人はいない

一つ前の節で、女性部下を誘う方法は簡単、というお話をしました。

それが、事実です。

女性部下を誘うのが簡単、と断言できる理由の一つとして、人に好かれて嫌な人はいないという人間本来の心理が根底にあります。

元来、異性から好意を持たれて嬉しくない人はいません。

もちろん、恋人がいない人はもちろんですが、既婚者でさえも、異性から好意を持たれて嬉しくない人はいないのです。

ちょっと想像してみてください。

ある日突然、異性から食事に誘われたら、どう感じますか?

嫌悪感を抱くでしょうか?

応えは、ノーですよね。

付き合う、付き合わないという話ではなく、純粋に誘われること、知らず知らずのうちに好かれていたことは嫌な印象を与えませんし、むしろ異性として喜ばしいことです。

もちろん、容姿端麗な異性ならさらに嬉しいことですし、見た目が好みではない異性であっても、食事くらいならいいかな、と誘いに乗りたくなるものです。

これが、人間の心理なのです。

これが、女性部下を誘うのは簡単、という論拠のほんの一つでありながらも、その真理に近づくために必要なマインドセットの一つでもあるんですね。

しかし、異性から誘われるのが嬉しいという心理学的見地からのアプローチが有効である一方で、社会学的見地も忘れてはなりません。

すなわち、職場という公の場である以上は、仕事と私生活という社会生活の区分があり、その境界線を明確にすべきだからなんですね。

逆に、その境界線の線引きを間違ってしまうと、せっかくの好意でもセクハラ、パワハラへとその捉えられ方が変わってしまうのです。

女性部下にやってはいけない誘い方

この章の最初に、女性部下の誘い方は簡単、というお話をしました。

それが、事実です。

しかし、確かに女性部下を誘うのは簡単ですし、その成功パターンは決まっているので、逆に言えば余計な施策を打つ必要はありません。

しかし、事業戦略と違い、相手が人間である以上は、基本的な成功パターンに落とし込みつつも個別具体的な事例に当てはめてカスタマイズしなければならないのです。

当然のことながら、人間一人ひとりには個性があり、その趣味趣向に違いがあります。

成功パターンを参考にしつつ、目の前にいるたった一人の女性部下に適応させる柔軟性も求められているんですね。

逆に、成功パターンを押し付けるのはNGです。

世間一般的な女性部下に受け入れられる方法論でも、たった一人の目の前にいるその部下には該当しないケースがごく稀に存在するからなんです。

そこで大切な考え方は、最後の一押しを相手に委ねるということ。

上司として、好意を持っている意思を明確に示しながらも、最後の一押しを相手に委ねる、すなわち相手の意思に任せることによって、パワハラやセクハラと勘違いされてしまうリスクの低減に繋がります。

成功率の高いとされる職場における人間関係だからこそ、成功パターンに甘えない、依存しないという意思の強さも求められています。

女性部下の基本

出会いがない

女性部下の誘い方を知る前に、部下のリアルを知っておくことは有効です。

そもそも、社会人女性が共通に抱えているニーズの一つに、出会いがない、という悩みが挙げられます。

もちろん、恋人がいない女性にとって出会いがないのは深刻な悩みですが、恋愛の対象に限らず、異性の友達との出会いさえもないのが、現実なんですね。

学生時代においては一定数の人間関係を形成しやすかった一方で、社会に出た途端にその繋がりは仕事という一つの目的に属した人間関係に限られてしまい、幼少期から築かれた幼馴染のような人間関係とは異なります。

また、近年では異性との出会いを望まない男性が増え、恋人が欲しくない、一生独り身でも幸せに生きていける、といる、という異性観の変化も見られるようになりました。

そんな中、コロナ禍における自粛ムードが相まって、新規の人間関係が増えていくきっかけを完全にうしなってしまったのが、女性の置かれている現状なんですね。

その一方で、女性にはタイムリミットがあります。

恋愛や結婚に対する興味が薄くても、出産を望む女性にとっては一人気ままに過ごせる時間には限りがあり、その潜在意識が出会いへの焦りへと繋がります。

シングルの女性にとっては、出会いがないという問題が男性以上に深刻であり、逆に言えば、異性の出会いほど潜在的に求めている強い願望であるとも言えるのですね。

さらに、恋人がいる女性や、既婚の女性さえも、出会いがないのが現実です。

既に恋人がいる、あるいは既婚で旦那がいる女性の場合、異性から誘われる機会など皆無で、会話を
する機会さえもありません。

だから、ただ純粋に好意を持たれるだけでもレアなチャンスであり、嬉しいのですね。

根底の潜在欲求には、このような女性特有の社会的背景が存在していると言えます。

食事に誘われると嬉しい

女性は、異性から誘われると嬉しいと感じます。

食事デートに誘われるのは、女性にとって喜びなのです。

そもそも、パートナーがいる女性もそうでない女性も、異性から好かれて嬉しい、という心理をお話しました。

それが、事実です。

そのような欲求と同時に、非日常への憧れも抱えています。

すなわち、家と職場の往復からの脱却です。

北海道から沖縄まで、一般的な社会人女性にとって、日常は平凡なものです。

しかし、インスタやYouTubeから流れてくるキラキラとした日常に対する、潜在的な憧れが溜まっているんですね。

異性から食事に誘われること、そして異性と素敵なレストランで食事をすることに、憧れがあると同時に、そんな機会など日常生活の中に存在しません。

だから、誘われることは純粋に喜ばしいことなんですね。

普段は着ないような洋服や靴で多少なりとも着飾って、普段の行動範囲とはちょっと違うエリアで異性と食事を共にする。

そんな機会から遠ざかっている期間が長ければ長いほど、その喜びは潜在的に大きくなるのです。

だから、上司から誘われると嬉しいのですね。

上司から好かれている優越感

大きな職場でも小さな職場でも、個人事業主やフリーランスでない限りは周囲に同僚の目があります。

会社という場は、一つの組織であり、一つの社会を形成しているんですね。

そのような一つのコミュニティの中には、上司と部下という一つの側面があり、それがラインとスタッフを形成しています。

その一方で、会社組織には上下関係があり、一般的にそれは私生活とは切り離されているものですが、その中の一人である上司から誘われるということは公の立場から私の立場への誘因であるということ。

そこが周囲に対する優越感に繋がるんです。

もちろん、大勢いる部下の全員が、上司を狙っているわけではありません。

しかし、絶対数で勝っている部下の中のたった一人でありながら、小数からなる上司に指定され誘われることが、特別であるという自己実現の欲求を満たし、それが潜在欲求をも満たすことに繋がる。

このような研究が近年盛んになってきています。

潜在的に出会いがないという悩みを抱えている中で、非日常への誘いは迷惑などではなく、むしろ喜ばしいもの。

だから、女性部下の誘い方は簡単、という理論に一歩近づけるのですね。

女性部下の誘い方(基本)

労いの名目で食事に誘う

上司が女性部下を誘う方法は、セリフにもその成功パターンがあります。

誘い方の文言としては、労いの名目で食事に誘う。

これが、正解です。

そもそも、プライベートな恋愛感情を抱く以前に、同僚である以上は、上司と部下の関係なのですから、仕事目線で相手を見てあげる、という姿勢が求められます。

どのような業種、職種であっても、上司という立場は、部下に指示を与えるだけでなく、その結果である成果を評価しなければなりません。

指示を与えっぱなしで評価をしないのは、上司としては失格なのです。

もちろん、部下の能力にもよりますが、与えた仕事をこなしてくれるケースもあれば、期待に添えないケースもあります。

しかし、肝心なことは、部下に感謝するということ。

仕事で大きな成果を上げた人だけが評価される世界ではなく、今回は目に見える成果に繋がらなかったとしても、その努力を褒めてあげるという視点も非常に重要なマネジメントの一つなのですね。

逆に言えば、部下の方もそれを求めています。

すなわち、会社の業績に直結するような大きな成果を上げられる人など一握りに過ぎず、ごく普通の社員は自分一人の力など実感する機会がありません。

それがないから、仕事にやりがいを感じられない部下が多いのです。

逆に言えば、小さな努力でも評価してもらえることで、自分のことを見ていてくれる人がいる、という安心感が生まれ、それがやりがいに繋がります。

そんな、上司から部下への、労をねぎらう意味を込めて誘ってあげることで、自分のことをしっかり見てくれているという安心感、さらには幸福感さえも生み出すことができるんですね。

これが、思わずデートをOKしたくなる誘い方の基礎になります。

美味しいご飯を奢る

ここで、一つ質問します。

目を閉じてちょっと考えてみてください。

美味しいご飯を食べることは好きですか?

それとも嫌いですか?

答えはもちろん、美味しいご飯を食べることが好きですよね。

日本全国、老若男女問わず、美味しいご飯を食べることが嫌いという人はいません。

上司からちゃんと見られている、努力が認められているという安心感、そして幸福感と共にプライベートな誘いを受けると同時に、美味しいご飯に誘われる。

そこに断る理由などないのです。

女性部下の誘い方は簡単、というお話をしましたが、誘うのは簡単と断言できる所以はここに隠されていたんですね。

逆に言えば、好きになった女性部下に、その好意を示すのはこれだけで十分なんです。

すなわち、仕事に対する感謝の意を込めて、美味しいご飯に誘う。

ここまでのアクションを実行すれば、部下との深い関係に一歩近づいたと言えます。

しかし、重要なヒントは、ここから先に隠されているんです。

相手からの脈ありサインを待つ

好きになった女性部下を誘う方法は、簡単です。

その理由は、成功パターンが決まっているからなんです。

そしてその成功パターンとは、普段の仕事に感謝を示しつつ美味しいご飯に誘うこと。

ごく自然で当たり前に思えるような、シンプルでストレートな誘い方が成功に一番近いと言えます。

しかし、意外に思えるかもしれませんが、女性部下を誘った場合、その回答が留保されることが少なくありません。

上司から好意を示されること、誘われることは嬉しいはずなのに、即答でOKできない理由は職場という公の場であるという特徴に起因するのです。

逆に言えば、上司と部下という立場である以上は、好意を示して誘いつつも、その回答を強引に求めてはいけません。

よい仕事をする上で、どのようなタスクに対しても期限を設定することは当然と言えますが、部下への私的なお誘いに期限を設けてはならないのです。

理想的な誘い方の流れとしては、明確に意思を示しつつ、相手からの脈ありサインを見極めるということ。

すなわち、待ちの姿勢が求められるのです。

脈ありサインと脈なしサインの違いや見極め方については、この記事の後半で詳しく解説します。

今は、強引に回答を求めてはいけないということ。

ベストなのは、相手からお誘いを逆に求められるのを待つ、というマインドセットを押さえておいてください。

誘い方の注意点(発展)

周りにバレるリスクは少ない

上司という立場でありながら女性部下を誘いたい場合、周りにバレるリスクを懸念することが少なくないのではないでしょうか。

これは、間違いです。

もちろん、上司と部下という関係でありながら、男と女の恋愛感情を表面化させるのは公の場において不適切であるという議論がなされています。

しかし、男女の恋愛感情を禁じる法律はありませんし、雇用契約書や労働条件通知書のような契約において明文化されていたとしても法的拘束力はない言っても過言ではないのです。

逆に、誘った相手である女性部下が、上司から誘われたことを周りに言いふらすことも普通はあり得ません。

上司から好意を持たれることに優越感を得られるはずなのに、職場の人々に言いふらさない理由はどこにあるのでしょうか。

その答えが、職場における女性特有の人間関係、すなわち嫉妬心にあったのです。

周囲の嫉妬にご用心

女性部下にとって、上司から個人的に誘われることは嬉しいことである、という事実をお話してきました。

それが、事実です。

しかし、その事実をさらに視野を広げて考えてみてください。

女性グループの中で、たった一人だけが上司から誘われて、美味しい思いをしていたら、他の女性部下はどう感じるでしょうか。

妬みますよね。

そこに、深い嫉妬が生まれるんです。

確かに、男女の恋愛は自由ですし、それが職場内であったとしても、上司と部下の関係であったとしても、誰にも止められるべきものではありません。

事実、上司と部下という関係から発展し、結婚まで至ったケースは少なくありませんし、職場恋愛からのゴールインなどむしろベストな馴れ初めの一形態と言えます。

しかし、心理学的見地からの研究では、女性には男性よりも深い嫉妬心があり、それが直接的、間接的に作用することで幸せであるはずの女性部下にとって、仕事をしずらくなる、職場にいずらくなる、という空気を生み出してしまうという考え方が主流派を占めています。

それがさらにエスカレートする結果が、職場いじめなんですね。

そのような文化を幼少期からよく理解している女性にとって、たとえ幸せなお誘いであったとしても、波風を立てたくないという遠因によって周囲に漏らすことなど稀なのです。

だから、バレないんですね。

職場内に嫉妬心を生み出さないためにも、バレないことは重要です。

しかし、それは案外バレないものであり、女性部下自身がバレることを望んでいないという背景からそのリスクが低減されていると言えます。

営業スマイルを勘違いするべからず

上司が女性部下を誘うときに、一つだけ注意して欲しいことがあります。

それが、営業スマイルを脈ありサインと勘違いしてはいけない、という点なんです。

事実、職場においては営業スマイルが役立つもので、接客、サービスを伴わない職種においても笑顔は欠かせないもの。

それは上司と部下という関係性においても言える基本です。

しかし、営業スマイルなのにそれを異性としての好意と勘違いしてしまうと、せっかく誘っても断られてしまうという結果に陥る可能性を秘めているんですね。

そこで知識として欠かせないのが、脈ありサインと脈なしサインの見極め方です。

女性部下は、部下である以前に一人の女性であり、一人ひとり男性の好みも異なります。

自分に好意を持っていると勘違いしてお誘いを断られることを避けるためにも、成功率を高めるためにも、脈あり、脈なしの違いを見極めるスキルが欠かせないんですね。

ここから、脈ありサインと脈なしサインの見極め方を解説します。

ぜひしっかりと目を通して、自分のものにしてください。

脈ありサインの見分け方

よく目が合う

部下の女性を好きになった場合、脈ありなのか脈なしなのか、そのサインを見極めることは有用です。

職場における人間関係においては、営業スマイルを勘違いしやすい状況とも言えるため、脈なしなのに無駄なアプローチを続けてしまうといった無駄を省くという観点からも女性部下が醸し出すサインを見極めるスキルは欠かせないと言えます。

そんな脈ありサインの典型例とも言えるのが、よく目が合う、というパターンです。

大企業でも、中小零細企業でも、一つ屋根の下で仕事をしていれば、目が合うのは当たり前です。

しかし、目が合う回数が多い場合や、目が合っている時間が長い場合は、脈ありサインと見なせる可能性が高まるんです。

そもそも、人と人との目が合うということは、自分だけでなく、相手も自分のことを見ているということ。

そもそも、興味も関心もない人のことを、見る人がいるでしょうか?

興味も関心もなかったら、見ないですよね。

もちろん、恋愛感情を含む意味における興味なのか、そうでないかという点についてはケースバイケースですが、ここで大切なポイントは、目が合う回数が多い場合や、目が合っている時間が長い場合は、興味や関心がない相手ではないということ。

すなわち、上司として女性部下を誘う際に、思わずデートをOKしたくなる要素の基本を兼ね備えている、という一つの価値基準になり得るんですね。

プライベートな質問をしてくれる

一つの会社で仕事をする上司と部下なのですから、会話をするのは当たり前です。

それだけなら、脈ありとも脈なしとも言えません。

しかし、上司と女性部下という関係性における世間話において、プライベートな話題、すなわち休日の過ごし方や趣味などに話題が及ぶようなら、脈ありサインの一要素と言えます。

一つ前の節でもお話した通り、興味も関心も無い相手に対して、私生活を知りたいと思う感情が沸くことは稀です。

もちろん、営業トークという可能性もゼロではありませんが、往々にして少なからず興味や関心を抱いているもの。

恋愛感情も含めて、脈ありと言えるサインの一要素になり得るんです。

さらに、どのような表情で会話をしているのか、その表面的な要素にも注目してください。

上司に対して仏頂面で仕事の話さえも興味のなさそうにする部下と、いつも笑顔で私生活の話題にまで言及してくれる部下がいたら、脈ありなのは後者であることは言うまでもないのです。

距離が近い

好きになった相手の脈ありサインを、正確に読み取る方法があります。

それが、距離が近い、という特徴です。

普通、どんな人にもそれぞれのパーソナルスペースというものがあり、見ず知らずの他人でも、よく知っている顔見知りでも、相手と会話をするときには一定の距離を保つのが普通です。

ましてや、上司と部下という上下関係のある立場であれば、お互いに相手に失礼がないよう、やや広めにパーソナルスペースを確保するのが一般的です。

しかし、脈ありの女性、特に恋愛感情も含めた脈ありの女性の場合、そのパーソナルスペースがやけに狭い、言い換えるなら、距離がやけに近いという特徴が挙げられます。

もちろん、その女性自身に自覚がなく、先天的に距離が近くなってしまう人も稀に存在しますが、そのような無意識の場合も含めて、脈ありの可能性が高いのです。

意識的か無意識的かに関わらず、パーソナルスペースを狭めても不快感を覚えないということは、すなわち、相手に対して不快感がないということ。

すなわち、好意を持っているからこそ、距離が自然と近づいていくのです。

社内で何気ない会話をする際に、やけに距離が近いと感じたら、脈ありサインの典型例だと思ってください。

好きになった女性部下を誘う前準備としては、必ずチェックしておきたいサインの一つです。

女性部下の口説き方(基本)

悩みを聞く、努力を褒める

ここまで、好きになった女性部下を誘う方法という論点において、誘うのは簡単、という結論をお話してきました。

それが、事実です。

しかし、それと同時に、誘いに応えてくれた女性部下を口説くのは簡単、という事実も押さえておいてください。

女性部下を口説くのは簡単と言える論拠は、その成功パターンが固定化されているという点に尽きます。

すなわち、成功パターンと失敗パターンが明確であるために、行動理論における指示型、コーチ型、援助型、委任型といった要素に照らしてもそのスタイルを当てはめて解を導き出せると言われています。

上司が女性部下を口説く際に欠かせないアプローチの一つが、悩みを聞く、努力を褒めるということ。

もちろん、悩みを聞いてもらったり、努力を褒められて嫌な思いをする人はいませんが、ポイントはそこではなく、悩みを聞いてくれる、あるいは努力を褒めてくれるというアプローチを通じて、自分のことをちゃんと見ていてくれているという内的、外的要因をもたらす作用があるんですね。

誰かに見られたい、自分の努力を認められたいという願望は、男性よりも、女性の方が強いと言われています。

最低限、そんな潜在欲求を満たしてあげることが、女性部下を口説くための土壌となるのです。

ギャップが効く

気になる女性部下を口説く場合、ギャップを見せるのは欠かせません。

もちろん、一つ屋根の下で働く上司と部下なのですから、社内におけるお互いの存在はよく知っているはず。

ある意味では、長い年月を経て築かれた幼少期からの幼馴染よりも、相手の本質がよく見えてくるのも日中の多くの時間を共にする職場という環境の特異点と言えます。

その一方で、そんな職場という慣れ親しんだ場所から一歩外へ出ると、よく知っているはずの相手の、まだ見ぬ新しい一面に出会えることがあります。

相手の一挙手一投足が、社内のそれとは全く異なるのです。

それが、ギャップなのですね。

社内ではいつもにこやかで明るいキャラクターなのに、二人きりになったら突然男らしく色気を感じる、あるいは、社内ではいつも真剣で堅いキャラクターなのに、二人きりになったら突然柔らかい癒しのオーラを感じる。

このようなギャップを示すことで、密かな好意を抱いてくれていた部下が、恋愛感情も含めた親密な感情へと揺れ動くのです。

すぐ消えるアピール

女性部下を口説く際に一番効くのは、すぐ消えるアピールです。

すなわち、男女の関係も含めたプライベートな交際をアピールしつつ誘いながらも、「迷惑だったら忘れてください」というニュアンスを示すことによって、この誘いを断ったら二度と誘われない、という逆のリアルを理解できるようになるんです。

事実、職場において上司から誘われる、口説かれるというチャンスは、女性部下にとってもレアな体験です。

実際、何年も長く勤めていても、そのような機会はゼロでもおかしくありませんし、二度も三度も経験するものではありません。

上司から誘われ、口説かれると、誰でも最初は戸惑い、迷いが生じるものですが、そのチャンスを捨ててしまったらもう二度と訪れないという事実を示してあげることが後押しに繋がるんですね。

押してから引く。

これは行動心理学においても恋愛における基本中の基本とされています。

口説き方の悪い例(発展)

優遇する、えこひいきする

職場という公の場において女性部下を口説く際に、注意すべきことがあります。

それは、仕事で優遇する、えこひいき(依怙贔屓)するということです。

もちろん、好意を持っている女性に対して、他の女性よりも優遇したくなる気持ちはごく自然で当たり前の感情です。

しかし、周囲の人間関係にも着目しなければなりません。

特に、女性グループにおけるコミュニティにおいては、特定の女性のみが優遇される状態を極度に嫌い、えこひいきとして嫌悪感を抱かれる典型例の一つです。

好きになった女性部下を優遇してあげることによって、その女性からの評価は上がるかもしれませんが、それと同時にその女性が職場に居づらくなってしまったら本末転倒なんですね。

好きになったからといって、その女性部下を過度に優遇しない、えこひいきしない、という点が重要であるということを押さえておいてください。

容姿を褒める

この記事の中で、好きになった女性部下を誘う方法として、褒めるという行動が非常に高い評価を得られるという点をお話してきました。

行動心理学においても、褒められて嫌な人はいませんし、生産性向上に繋がると考えられています。

しかし、なんでもかんでも手あたり次第に褒めればよいというものでもありません。

特に、女性に対して褒める場合、容姿を直接的に褒めるのはセクハラにあたる可能性があるので特に近年は注意が必要です。

愚痴、悪口を言う

職場で出会った上司と部下という関係において、それが社内における会話でも、社外におけるデート中の会話でも、やはり話題として上るのは会社のネタです。

しかし、仕事内容や社員に対する愚痴や悪口をネタにするのはご法度です。

そもそも、好きになった女性を誘い、口説いていくプロセスにおいて、ポジティブオーラを前面に出さなければならないのです。

すなわち、この人といると癒される、くつろげる、という感情を生み出すためには、職場の愚痴や人の悪口などむしろ封印すべきなんですね。

もちろん、世の中にはよくない会社もあればよくない社員もいます。

しかし、それが事実だとしても、あえてそれを口に出す必要はないのです。

ましてや、これから人を誘い、口説いていくというプロセスにおいて、愚痴や悪口をネタにする必要が無いのは明白です。

職場における不倫について

不倫の定義

上司と部下という関係性において、それは不倫を生み出す土壌とも言えます。

もちろん、パートナーのいないフリーな上司と部下なら、純粋な出会いを愉しむゆとりもあるというものでしょう。

しかし、どちらか一方が恋人や配偶者を持つ場合、それは浮気や不倫を生み出します。

そこで、不倫の基礎知識が欠かせないのです。

元来、不倫という行為は、不貞行為の有無によって定義付けられます。

不貞行為とは、平たく言えばセックス、すなわち性行為を指す名詞です。

つまり、どちらか一方、あるいは両者が既婚者である男女が、性行為を行うことを不倫と呼ぶのですね。

逆に言えば、性行為を行わなければ、不倫ではないのです。

不倫に憧れがある、燃える

心理学における一般論として、不倫に憧れる女性が多い。

これが現実です。

特に、上司と部下という関係性において、上司側が既婚者である場合、他人の物という禁じられた感情が逆に燃える、憧れる、という人間心理に影響を及ぼすと考えられています。

だから、職場不倫が盛んなんですね。

職場における不倫は、みんなやっています。

バレないだけで、みんな不倫を愉しんでいます。

割り切り交際が安全か

不倫という行為が良い、悪いという議論は学者の論議に委ねるとしても、その対象が社内における出会いの方がよいのか、赤の他人の方がよいのか、という議論は欠かせません。

特に、出会い系サイトやマッチングアプリ、パパ活サイトなどが盛んな昨今、不倫のパートナーを簡単に作れる機会も増えてきました。

一見すると、素性が明らかな職場内よりも、素性が不明な他人同士の方が不倫バレや身バレのリスク低減に繋がると考えられます。

しかし、それは全くの逆なんですね。

素性が明らかだからこそ、そこに信頼関係が築かれ、不倫が成立するのです。

信頼関係のない不倫ほど高リスクの交際はありません。

だから、職場における不倫をみんな楽しんでいるんですね。

おわりに

女性部下との恋愛は最高

この記事は、好きになった女性部下の誘い方、口説き方を解説してきました。

そして、部下を誘うのは簡単、口説くのは簡単、という論拠を示してきました。

それが、事実です。

しかし、実際に好きになった女性部下をデートに誘い、口説いて、成功した後はどうなるのでしょうか。

女性部下を誘い、口説いて得られる恋愛は、最高です。

ちょっと想像してみてください。

普段、毎日職場で顔を合わせている女性部下、一緒に仕事をしている女性部下と、肉体関係を結ぶ。

それが真剣交際の恋愛であったとしても、不倫やセフレ関係だったとしても、好きになった部下との性行為は最高です。

好きになった女性部下によるフェラチオや、ペニスを女性器に挿入するセックスを想像してみてください。

それが、簡単に手に入るのです。

ぜひこの記事の最初から一旦読み返して、女性部下の誘い方が簡単、と言えるプロセスをよく復習してみてください。

逆に女性部下から誘わせるのがベスト

上司と部下という関係性である以上は、近年のコンプライアンス重視の世の中において、相手の意思に委ねるという考え方の重要度が高まっています。

もちろん、女性部下の誘い方は簡単、口説き方は簡単、という事実は変わりませんが、実際の行動に落とし込む際には、相手の意思に委ねることでコンプライアンスを遵守した行動に留めることができるのです。

理論上、女性部下を正しいプロセスにおいて誘い、脈ありサインを見極めておけば失敗はありません。

少なくとも、パワハラやセクハラで訴えられることはほぼなくなり、万が一失敗したときのリスクもほぼないという論拠を示してきました。

それが、事実です。

しかし、逆に女性部下の方から誘ってくる、口説いてくるという逆転の発想に持ち込むことができれば、それほど理想的な展開はありません。

もちろん、知識と経験が必要にはなりますが、一つの目標の目安として念頭においておくとその理想に近づけるというものです。

女性部下を誘うのは早い者勝ち

前置きが長くなりましたが、ここからがこの記事の本文です。

結論を先に言うと、女性部下を誘わなければ、他の人に盗られる。

これが、結論です。

この記事の最初に、一般的な人間社会において、出会いがないという現実をお話しました。

それが事実です。

実際、家と職場の往復のみで、新しい異性の友達と出会うチャンスなど誰にもありません。

だから、異性である上司と部下の恋愛が成立するのですね。

しかし、出会いがないのは周囲の人々にも共通の潜在ニーズとして存在しているため、誘うタイミングがほんの少し遅れただけでその女性部下が他人に盗られてしまう。

そのリスクを忘れないでください。

デートの誘いを待っている女性部下が目の前にいるのに、他人に盗られるなんてくやしいですよね。

無料お試し!ツーショットダイヤルランキング

ハニーライン
ハニーライン

お得 雑誌コード【444847】入力で最大6,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

日本最大級の素人専門ツーショットダイヤルの老舗定番サイトだ。今すぐテレフォンセックス出来るエロい女性からのコールがひ...
[料金/詳細はこちら]

イエローキャット
イエローキャット

お得 お試しパスワード【8149】入力で最大7,000円分無料進呈!

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

無料サービスポイント増額しました。SMプレイ専門の本格ツーショットダイヤルだ。ソフトSMでは物足りない本物志向のM女、S女...
[料金/詳細はこちら]

スイートコール
スイートコール

お得 雑誌コード【445079】入力で初回4,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

ハニーライン系列の、日本を代表するツーショットダイヤルの一つがスイートコールだ。即アポ希望のナンパ待ち女性からテレフ...
[料金/詳細はこちら]

イクイクチャット

お得 1,500円分無料pt付き

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

顔写真から選んで即テレフォンセックスを楽しめるツーショットダイヤルの老舗サイトだ。自宅で一人エッチ中のエロい素人と相...
[料金/詳細はこちら]

コールネット地域密着

お得 1,000円分無料体験

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

コールネットは18年以上の運営実績のある老舗のツーショットダイヤルだ。地域密着のナンパツーショットはもちろん、不倫専門...
[料金/詳細はこちら]

[もっと見る]


PAGE TOP