店員さんとお客でも両思いになれる、自然な誘い方&セリフの例文を徹底解説

店員さんとお客でも両思いになれる、自然な誘い方&セリフの例文を徹底解説

結論

店員さんとお客でも両思いになれます

最初に結論を言います。

店員さんとお客の関係でも、両想いになれます。

これが、事実です。

この記事は、店員さんとお客という関係性でも、距離を縮める方法、上手に誘う方法を解説する記事です。

店員さんを好きになってしまった人はもちろん、お客さんを好きになってしまった人にも役立つように、店員さん、お客さん、その両面から解説しています。

そもそも、店員さんもお客も、普通の人間なのですから、恋愛感情が芽生えるのも自然なことですし、それが恋愛に発展するのも普通のことです。

しかし、店員さんという立場は仕事という公の姿であるために、店員さん側もお客側も、遠慮しがちになってしまうんですね。

だから、両想いになるべく二人が、なれないというケースもあるんです。

でも、店員さんとお客という関係において、両想いになるのは可能です。

そう言える理由の一つとして、店員さんの特徴も、お客の特徴も、それぞれパターンがある程度決まっているからなんですね。

パターン化されているということは、その法則さえ知っていれば成功率は高まるということ。

すなわち、両想いになるために知っておきたいパターンを事前に押さえておくことで、成功率をぐっと上げることができるということなんですね。

逆に、これだけはやってはいけないという、失敗パターンも存在します。

両想いになるためには、両想いになれない要素を取り除くという意識も欠かせません。

店員さんを好きになってしまった人も、お客さんを好きになってしまった人も、どちらの立場でもその成功パターン、失敗パターンを学べますので、ぜひ楽しみに最後まで読んでみてください。

店員と客の関係性はむしろチャンス

店員さんとお客という関係性は、恋人関係になるきっかけとしては最高です。

むしろ、好きになってしまった、恋をしてしまったのなら、それは大きなチャンスなんですね。

ここで一つ質問します。

日常生活の中に、出会いはありますか?

ちょっと考えてみてください。

ないですよね。

それは他の人も同じで、日常生活の中に出会いなんてないんです。

すなわち、店員さんもお客も、出会いがない。

そんな日常生活の中で、気になる存在がいる、というだけでそれは奇跡のようなものなのです。

出会いがないのは相手も同じ。

お互い様、という相互扶助の理論においても、店員さんとお客の両想いは十分に可能と言えるのですね。

公私混同の注意点

この記事の最初に、店員さんとお客でも両想いになれる、という結論を言いました。

それが、事実です。

但し、誰でも必ず、100%の確立で両想いになれるかと言うと、そうではありません。

店員と客という関係以前に、人間と人間なのですから、そこに感情がありますし、意思も立場もあるのです。

特に、好きになった相手が店員さんの場合、相手は仕事中である、という意識を忘れないでください。

例えば、笑顔の素敵な店員さんを好きになった場合、その笑顔のうちの何割かが営業スマイルに分類されることもあるんです。

業種や職種にもよりますが、往々にして、特に接客業においては笑顔が基本です。

その一方で、本当の笑顔というものは、人間の内面から湧き上がってくる結果でもあるため、仕事だからと言って職務としてのみの目的で完全な笑顔を作ることはできません。

そのような生物学的な視点において、笑顔という一つのサインだけを頼りに、脈ありなのか、脈なしなのかを判断するべきではないですし、それは両想いであるか、そうでないのかの判断基準にはなりません。

あくまでも、事実は多面的であるという視点を持ち、複数の側面から事実を検証していく。

これが、脈ありサイン、脈なしサインを見分けるヒントになります。

ぜひその点にも着目して、この記事で具体例を学んでいってください。

店員さんの特徴をおさらい

出会いがない

店員さんと距離を縮める方法、誘う方法を学ぶ前に、店員さんの特徴を掴んでおくことは大切です。

そもそも、店員さんは出会いがない。

これが基本になります。

一口に店員さんと言っても、学生のアルバイトもあれば、ベテラン社会人のパターンもありますが、どのような職場であっても、出会いは意外とないものなんです。

学生から社会人になると、突然、学生時代のほとんどの人間関係が希薄になることと同じで、人は年齢を重ねるにつれて、人から人への繋がりが減っていきます。

逆に、年齢に比例して、濃い人間関係の総数が増えていく人など、ほんの一握りの特別な人に過ぎないんですね。

実際、社会人として働きながら、年齢を重ねていくと、名前と顔の一致する知り合いばかりが増えていく一方で、悩みや失敗を告白できるような、本当の意味での友情はほとんどなくなります。

でも、それが普通なんですね。

それ自体が悪いということではなく、そのような傾向、すなわち、出会いがないのはみんな同じ、という共通認識をあらためて持つということが大切です。

友達の友達、友達の紹介といった、都合のいい出会いなど、ないのです。

仕事中は忙しい、周囲の目が気になる

店員さんは出会いがない、という事実をお話しましたが、それと同時に、出会いに目を向けるほどの余裕がない、というのもまた正直な事実です。

確かに、忙しい職場もあれば暇な職場もあります。

しかし、どのような職場においても同僚やお客さんの目があるため、仕事中という公の立場においてはプライベートである素の感情を消してしまっているパターンが少なからずある、という事実もまた、知っておくことが大切です。

自分は今、仕事中である。

そんな責任感を持つことはとても大切なことですが、それが逆に作用して、プライベートである素の感情、すなわち、誰かを好きになるというデリケートな感情を見えにくくしてしまう、という点も押さえておいてください。

ぶっちゃけ嬉しい

世の中の店員さんは出会いがなく、仕事中において素の感情に気付きにくくなっている、という一般的な方向性を理解した上で知っておいて欲しいのは、お客さんから誘われることは、ぶっちゃけ嬉しい、という事実です。

逆に、誘う側から考えると、仕事中に誘うのは迷惑なんじゃないか、嫌われるんじゃないか、と不安な妄想をしてしまうもの。

でも、出会いがなくて、恋愛感情も秘めている店員さんにとって、異性から誘われるという好意はその恋愛スイッチをオンにする大きなきっかけになるんですね。

異性から好意を持たれて嬉しくない人はいません。

もちろん、それが両想いになるかどうかは二人の相性次第ですが、恋愛が始まる前段階として、新規の出会いは喜ばしいもの、という基本を押さえておくと、距離を近づける、誘ってみる、という段階において有利な感情で望めるはずです。

お客の特徴をおさらい

出会いがない

自分が店員で、好きになった相手がお客さん、というパターンもよくあります。

そこで押さえておきたいのが、お客さんが抱えている一般的な特徴として、出会いがない、という点が挙げられます。

一つ前の章で、店員さんの特徴の一つとして出会いがない、という点を挙げました。

実は、出会いがないという悩みは、店員さんとお客さん、どちらの立場から見ても、潜在的に抱えている悩みであり、ニーズだったんですね。

逆に言えば、周囲に出会いが溢れていて、もうこれ以上出会いたくない、という人はいない、という事実を意味します。

すなわち、好きになったお客さんの根底には、出会いがないという潜在ニーズがあり、それを満たすことができるのもまた、店員さんの役割の一つになり得る、という点を押さえておいてください。

出会いがないのは、お互い様だったんですね。

意外と見られている、覚えられている

自分が店員で、お客さんを好きになってしまった場合、そのお客さんが、自分の存在を認識しているのかどうかという点が、気になるところですよね。

実は、お客さんは店員のことをよく覚えています。

見ていないようにみえて、実はよく見ているんですね。

ちょっと自分に置き換えて考えてみてください。

自分が店員さんとして仕事をしているときに、何度も見かけるお客さんを覚えている、ということはよくありますよね。

さすがに、名前までは知らないかもしれませんが、接客をする頻度によって、よく来るお客さん、たまに来るお客さん、初めて見たお客さん、といった記憶は必ずあるはずです。

学生時代のテストや、資格試験の勉強のように、暗記しようとして覚えたわけではないのに、なぜお客さんを覚えるのでしょうか。

それは、人間には記憶力があるからです。

もちろん、人間の脳には忘れていく作用もあるため、全ての情報を記憶しておくことは困難ですが、無意識のうちに何度も目にするお客さんの情報は、脳の中にきちんと残り、取り出せるようになっているんですね。

人間の脳って、本当に不思議ですよね。

でも、これは立場が逆転しても同じなんです。

お客さんの立場でも、何度も目にしている店員さんは無意識のうちに覚えてしまっているもの。

だから、しゃべったこともない相手なのに、誘ってみると意外とスムーズにデートをOKしてくれることも少なくないんです。

人間の潜在意識の中に長期記憶として保管されている情報だからこそ、まるでずっと前から知っていたような親近感が沸くこともあるんですね。

行動しないと変わらない

店員と客、という永遠のテーマにおいて、行動しなければならないのは往々にしてお客さんです。

もちろん、接客という点においては店員さんが行動するべきですが、プライベートである恋愛に関しては、お客さん側が能動的に行動すべきなんです。

逆に、お客さんを好きになってしまった店員から見れば、お客さんが行動するのを待つ、という状態になります。

もちろん、店員さんが能動的に行動できる要素もあるので、その具体例についてはこの記事の後半で解説しますが、基本的な一般論において、距離を縮めるための行動、すなわちデートに誘うという段階における行動学を研究すると、お客さん側にその鍵があることが分かっています。

距離を縮める方法(自分がお客の場合)

お客側から誘うべし

店員さんを好きになった場合、お客側から距離を縮めるのが定石です。

もちろん、視線がよく合う、世間話をしてくれる、というような、脈ありに思えるサインを事前にキャッチできるケースも少なくありませんが、いざ実際に、仕事をしている場でお客さんに接近するのは店員さんにとって敷居が高いんですね。

お客さんとの個人的な出会いや恋愛を職務規定により禁止している企業もありますが、個人間の出会いや恋愛を禁止する法律はありませんし、雇用主である企業も、厳密に言えばをそれを禁じることはできません。

しかし、その一方で、職場という公の場である以上は、他のお客さんに迷惑をかけられないという責任感も手伝って、店員さんはその意思を表面に出しにくい、という心情を理解してあげてください。

だから、お客側からアプローチする必要があるんですね。

待っているだけでは、物事が前に進まないんです。

脈ありサインを感じ取っても、お客の側から距離を縮める。

そんな定石を、まず最初の基本として押さえておいてください。

常連になる、よい印象残す

店員さんの具体的な誘い方、セリフのテンプレートをご紹介する前に、一つ知っておいて欲しいことがあります。

それは、具体的になにかを話しかける以前に、もともと相手に与えていた間接的な印象が、そのお誘いをOKしてもらえるか否かを大きく左右する、ということなんです。

確かに、誘い方が上手いに越したことはありません。

下手な人よりも、上手な人の方が有利です。

しかし、実際に、好きになった店員さんと対面して誘うためには、それ以前に十分に距離を縮めておかなければならないんですね。

そこで有効なのが、常連になるということ。

この記事の最初に、店員さんは意外とお客のことを覚えている、という事実をお話しました。

好きになった店員さんが初対面ではなく、何度も足を運んでいる場の店員さんであるならば、あなたが想像している以上にはっきりと記憶されているはずです。

でも、ただ単純に記憶に残るだけではダメなんです。

記憶に残るだけなら他のお客さんと同等なのですから、他のお客さんを上回るような、好印象を残しておくことが大切です。

しかし、良い印象を与えると聞くと、ちょっと難しく感じるかもしれません。

でも、心配する必要はありません。

ただ単純に、気持ちのよい挨拶をするだけでいいんです。

特に、ありがとうという言葉はとても強力です。

店員さんからなにかしてもらったら、ありがとうと言うのは当然のマナーですが、そんな当たり前の挨拶だからこそ、丁寧に心を込めると他のお客さんとの違いが際立つというものです。

まっすぐ相手の目を見る、きちんと体を相手の正面に向ける、といった一つひとつの動作を見直すことで、驚くほど良い印象を与えることができますし、実際に誘う場面でそれが効果を発揮します。

お礼の名目で食事に誘う

好きになった店員さんとの距離を縮めるためには、事前の準備が大切ですが、実際に二人きりで会話をする場を設けなければ始まりません。

実際に役立つセリフの例文はこの記事の後半で解説しますが、どのような立場の店員さんにも共通して喜ばれるのが、お礼の名目で食事に誘う、というアプローチです。

お会計の際に一言、二言、会話を交わすだけの間柄であっても、美容室のように何時間もおしゃべりできる間柄であっても、自分がお客で相手が店員さんという立場である以上は、なにかサービスをしてもらっているはずです。

お金を払う側であるお客が、サービスを受けるのは当然ですが、その仕事に対して感謝を示すのが定石なんですね。

具体的なノウハウは、この記事の後半で示します。

なぜ断言できるのか、その証拠も示します。

世の中に、美味しい食事が嫌いな人なんていないのですから、今は、お礼の名目で食事に誘うというアプローチが、店員さんとの距離を縮める具体策になる、という点を押さえておいてください。

距離を縮める方法(自分が店員の場合)

基本は受け身で

ここまで、自分がお客で、店員さんを好きになってしまった人のための、距離の縮め方を解説してきましたが、逆のパターンも説明していきます。

逆のパターンとは、自分が店員で、お客さんを好きになってしまったパターンです。

この記事の最初に、店員とお客が両想いになることは可能、というお話をしました。

そして、ここまでその前提知識を紹介してきましたし、この記事の後半では具体的な例文にも触れていきます。

しかし、一つだけ知っておいて欲しいことは、店員とお客さんという立場の違いによって、そのアプローチ方法は全く異なる、ということなんです。

その典型とも言える特徴が、受け身であれ、ということです。

一つ前の章で、お客が店員さんを好きになった場合、自分から行動しなければなにも変わらない、というお話をしました。

それが、事実です。

しかし、逆に、店員がお客さんを好きになった場合、基本は受け身が前提であり、間接的に好意を示すべきなんです。

恋愛は、個人と個人の自由ですが、仕事中である以上は他の客さんや周りのスタッフへの配慮が欠かせません。

そんな周辺状況を踏まえた踏まえた上で、間接的に好意を示す、すなわち、脈ありサインを醸し出すという考え方が、両想いへの距離を一歩縮めるのです。

勤務中でも好意を示せる

お客さんを好きになった場合、基本は受け身であれ、というお話をしました。

それが、事実です。

しかし、店員という立場であっても、なにも行動してはいけないという意味ではありません。

勤務中であっても、間接的に好意を示すことができる手段は沢山あるんです。

その典型とも言えるパターンの一つが、世間話です。

普通の接客の場合、それがカフェでも服屋でも、注文を受けたり商品を販売するのが主目的ですよね。

それは他のスタッフも同じです。

でも、だからこそ、仕事以外の会話をほんの少し挟むだけで、違いが見えるんですね。

これが、差別化です。

私はあなたのことが好きです、という意思をあからさまに示す必要はありません。

ごく普通の、他のスタッフと全く同じ行動をするのではなく、ほんの少し世間話を挟んでみる。

ほんの一言、二言の違いが、脈ありサインを伝えるヒントになります。

誘いは受けてみる、断らない

店員という立場で仕事をしているときに、お客さんから誘ってもらえることは滅多にありません。

それは、お客さんの潜在意識の中において、好きになったとしても店員さんを誘うことに高い壁があるからなんですね。

逆に言えば、それでも誘ってくれるお客さんがいたなら、それは大きなチャンス。

突然の誘いに驚いたり、どうすればいいのか分からなかったりするものですが、そこは誘いを受けてみる。

断らない、という判断が出会いのチャンスを広げます。

せっかく、ただでさえ出会いの確立が低いのに、目の前に現れたチャンスを捨ててしまうなんてもったいないですよね。

その場ですぐに両想いになる必要はありませんし、片思いから始まるのが自然な出会いです。

だからこそ、自己判断で出会いを捨てるのではなく、一歩引いて達観した視点から物事を捉えてみる、というゆとりが大切なんですね。

誘い方の基本

お会計のタイミングで誘う

店員さんとお客という立場において、自然に誘えるタイミングはお会計の場が定石です。

カフェやコンビニ、服屋など、飲食や販売のお仕事の場であればお会計のタイミングでちょうどいい時間が生まれるもの。

そこでちょっとした会話を生み出せば、プライベートなデートもスムーズに誘えます。

他のお客さんやスタッフからも離れて、落ち着いてしゃべれる絶好の機会が、お会計のタイミングなんですね。

接客、サービス業の店員さんと客さんの場合、お会計のタイミングを見計らうのが一つのセオリーです。

接客中に堂々と

例えば、美容室やアパレル販売のように、ある程度長い時間を一緒に過ごすことができるなら、その接客中に誘うのもアリです。

特に、美容室の場合は、カットのみでも小一時間はかかりますし、カラーなども含めると2時間、3時間と滞在することになります。

美容師さんも忙しいですが、一つの空間に一緒にいられる時間が長い業種であれば、その時間を活かさない手はありません。

また、ケーキ屋さんやお花屋さんのように、店員さんに商品選びを手伝ってもらえるような業態も見逃せません。

当然のことながら、店員さんの方が商品知識が豊富なのですから、商品選びを快く手伝ってくれるはずですし、自然と会話も弾み、その流れで誘っても不自然ではないのです。

ひねりを利かせる誘い方

お会計や接客中に誘うのが自然ですが、ちょっと型破りな誘い方で印象付けるのも一つの手です。

例えば、世間話をある程度楽しめる間柄であれば、旅行のお土産を持っていくのも喜ばれます。

スタッフ全員でシェアできるような、小分けになっているお菓子や、夏場であれば冷たい飲み物も大変喜ばれます。

たった数千円の支出ですが、その効果は絶大なんです。

逆に、店員さんとお客という立場でありながら、店外へ出てしまうという手もあります。

例えば、美容師さんの場合、お会計のあとに店先の通りまで見送りに出てきてくれることがありますが、そのようなタイミングに流れで誘ってしまうのも話しかけやすいポイントとして見逃せません。

但し、店員さんを好きになってしまったからといって、勤務時間が終わるタイミングを見計らって、店舗前で待ち伏せするのはNGです。

純粋に相手を驚かせてしまいますし、その誘いから相手を逃げられない状況に追い込んでしまうため、強制力が働き、たとえ脈ありだったとしても印象を悪くしてしまうかもしれません。

誘い方に個性を出すのは、関係が深まってからでも遅くはないんですね。

まずはシンプル、定番の誘い方で、脈ありサイン、脈なしサインを見極めるのが安心です。

誘い方のセリフ、例文テンプレート

いつものお礼として

店員さんを好きになった場合、その接客サービスへのお礼という名目で誘うのが定石です。

毎月のようにお世話になっている美容師さんのような相手ならベストですし、カフェ店員さんやアパレル販売のスタッフさんのように、それほど会話をしたことがない相手にも使える汎用性の高いセリフです。

いつもお世話になっているからご馳走したい、と言えば断る理由はありませんよね。

逆に、仲良くなって世間話をする間柄であれば、逆におすすめのレストランを聞いてみるのも効果的です。

職場の周辺なら美味しいお店を知っているケースが多いため、そんなグルメ情報を聞き出しつつ、今度一緒に行きませんか?と直接その店員さんを誘ってしまう。

そんな変化球の誘い方も案外成功率の高いセリフのパターンになります。

頑張っている店員さんへの労いとして

何度もしゃべったことがある相手であれば、いつもありがとうございます、という文言が使えますが、まだ一度もしゃべったことがない、あるいは、軽く挨拶をする程度しか進展していない場合もありますよね。

そこで使える名目が、いつも頑張っている店員さんへの、労いです。

いつもシフトに入っていて、仕事を頑張っている姿勢を褒めつつ、その労いを込めて誘えば必然性が生まれます。

例えば、コンビニの店員さんのように、会話をするきっかけが少ない職種には特に効果的なセリフの方向性と言えます。

一目惚れを第一理由にしてはいけない理由

店員さんを誘うセリフとして、一目惚れをしました、という方向性は要注意です。

なぜなら、一目惚れをして好きになったから一緒に食事したい、という理由は、あくまでもお客側の勝手であり、店員さん側に必然性がないんですね。

逆に、一つ前に紹介したような、いつもお世話になっているお礼や、労いのための食事なら、相手にとってもその必然性に納得がいきます。

常に相手目線で物事を捉えて、店員と客という立場でありながらプライベートで食事をする必然性があるかどうかをチェックしてみることこそ、適したセリフを絞り込めるヒントになります。

店員さんとお客が両想いになるポイント

笑顔と挨拶が基本

店員さんとお客という立場において、片思いから両想いになるためには、距離を近づけて誘わなければなりません。

そしてそれが成功するポイントは、笑顔と挨拶が基本なんです。

店員と客という立場であっても、明るく気持ちのよい挨拶は元気を与えますし、深く記憶に残ります。

記憶に残るということは、すなわち、他の人との差別化になるということ。

知り合い以上の特別な関係になるためには、このプロセスが欠かせないんです。

第一印象って、その後もずっと変わらないものなんですね。

正常な危機感を持つ

店員さんやお客さんに片思いをしている場合、決して焦って行動する必要はありません。

でも、逆に、いつまでも片思いのままで、なにも行動しないのもNGです。

片思いの相手と両想いになると、世界が変わります。

家と職場の往復だった寂しい毎日が一変し、プライベートが充実するだけでなく、会っていない間のラインのやりとりさえも幸せに満ちたものになります。

そんな幸せな両想いが手に入るのですから、1日でも早く手に入れて、1日でも長く幸せを愉しみたいもの。

だから、短期で期限を区切って、積極的な自分になる瞬間も必要なんです。

これを業界用語では、正常な危機感と言います。

無駄に焦って空回りする必要はありませんが、正常な危機感を持って行動することも、結果を出すためには必要になるんですね。

店員さんとお客が両想いになる理由

結局、店員さんもお客さんも、出会いがないんです。

ちょっと考えてみてください。

今の日常生活の中に、新しい異性との出会いがありますか?

ないですよね。

人は歳を重ねるにつれて、顔と名前の一致する知り合いの数はどんどん増えていきますが、恋愛感情を抱ける相手はそう簡単に現れませんし、都合よく人から紹介されることもありません。

結局、偶然に見つけた店員さんやお客さんを好きになってしまったという感情は、奇跡のように貴重なものだったんですね。

だから、行動が必要なんです。

片思いを両想いにするには、行動が欠かせません。

そして、その行動を成功させるためのルールが、この記事でお話した恋愛の成功パターンなんです。

ぜひここまでの内容を読み返して、一旦その答えを整理してから読み進めてください。

まとめ

既に両想いになっているかも

店員さんとお客の恋愛は、実は、とっくに要思いになっている、というケースも少なくありません。

店員さんもお客も、お互いが遠慮し合ってしまい、脈ありサインを見逃してしまう、あるいは、勝手に脈なしだと判断してしまう、という原因があるんですね。

本当はお互いに惹かれ合っている、つまり両想いなのに、それぞれが片思いだと勘違いして、恋愛に発展しないのはもったいないもの。

基本的には、お客の側から誘うのがスムーズですが、本当に好きなら自分が店員でもお客でも、自分から行動しなければなにも始まりません。

店員さんのためのセリフをお客が使ってもいいですし、お客のセリフを店員さんが使ってもOKです。

大切なことは、相手のことを好きだと思うその気持ちに素直になるということ。

その気持ちに従えば、自ずと相手にも伝わるはずです。

失敗してもデメリットなし

店員とお客という立場において、いざ誘おうとしたときに、もしも断られたらどうしよう、という失敗が頭をよぎって一歩踏み出せない、という人も少なくありません。

基本的に、店員さんとお客という立場において、よほどのことがない限り断られないもの。

でも、もしも万が一断られたとして、デメリットはありますか?

ないですよね。

もちろん、よく通っているお店の店員さんとお客という立場なら、気まずくなってしまうことはあるかもしれません。

でも、逆に誘われた側からすると、そんなこといちいち気にしてないんです。

むしろ、行動しなかったことによるデメリットに目を向けなければなりません。

行動しない人が失うものとは

行動しなかったことによるデメリットとは、好きになった店員さんやお客さんを、他の人に盗られてしまう、というリスクです。

この記事の最初に、店員もお客も、日常生活の中には出会いがない、という事実をお話しました。

それが、現実です。

すなわち、なにかちょっとしたきっかけさえあれば、店員と客という立場からプライベートな関係に移行できますし、当然のことながら、その先には恋愛関係が待っています。

ちょっとしたきっかけさえあれば、両想いになれる可能性を秘めているのですから、逆に言えば、そのきっかけを盗られてしまうと、好きになったお相手も失うということ。

目の前に好きな人がいて、片思いから両想いになる可能性があるのに、他の人に盗られるなんてもったいないですよね。

だから、自分から行動することが大切なんです。

行動しないとなにも変わりませんが、行動すれば両想いに一歩近づくんですね。

無料お試し!ツーショットダイヤルランキング

ハニーライン
ハニーライン

お得 雑誌コード【444847】入力で最大6,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

日本最大級の素人専門ツーショットダイヤルの老舗定番サイトだ。今すぐテレフォンセックス出来るエロい女性からのコールがひ...
[料金/詳細はこちら]

イエローキャット
イエローキャット

お得 お試しパスワード【8149】入力で最大7,000円分無料進呈!

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

無料サービスポイント増額しました。SMプレイ専門の本格ツーショットダイヤルだ。ソフトSMでは物足りない本物志向のM女、S女...
[料金/詳細はこちら]

スイートコール
スイートコール

お得 雑誌コード【445079】入力で初回4,000円分無料

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

ハニーライン系列の、日本を代表するツーショットダイヤルの一つがスイートコールだ。即アポ希望のナンパ待ち女性からテレフ...
[料金/詳細はこちら]

イクイクチャット

お得 1,500円分無料pt付き

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

顔写真から選んで即テレフォンセックスを楽しめるツーショットダイヤルの老舗サイトだ。自宅で一人エッチ中のエロい素人と相...
[料金/詳細はこちら]

コールネット地域密着

お得 1,000円分無料体験

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

機種 iPhone対応 Android対応 PC対応

コールネットは18年以上の運営実績のある老舗のツーショットダイヤルだ。地域密着のナンパツーショットはもちろん、不倫専門...
[料金/詳細はこちら]

[もっと見る]


PAGE TOP