No.32 テレクラマックスのエロい主婦を意地悪な言葉責めで濡らす

誠さん(30代 男性 東京 会社員)のツーショットダイヤル体験談です。

待ち合わせ場所に現れた顔見知りの奥さん

ツーショットダイヤルの人妻に立ちバックで生挿入

妻に昨夜は拒絶され溜まりに溜まったムラムラがもう爆発しそうです。

こんなときは、「ツーショット」に限ります。

電話をすれば近所の女の子に繋がり上手く落とせばハメマクリができちゃいます。

今日は、テレクラ・ツーショットダイヤル「マックス」で決めようと思います。

可愛い子が希望ですが、欲求不満の人妻も捨てがたいです。

早速、電話にでたのは、声が色っぽい人妻でした。

「旦那、抱いてくれないんですか、どれくらいご無沙汰なんですか、どんなプレイが好きですか」

と質問攻めにしてみます。

質問にイライラしてくるようならシメタモノです。

必ず会うことができます。

「旦那さんとは、たまにするんですか、それともセックスレスですか、奥さん欲求不満、頂点ですか」

「そんな質問しないでください、欲求不満なんかじゃありません」

「そうか・・残念だな、じゃあ、電話きりますか」

「チョット、待ってください」

乗ってきましたよ。

こっちのペースです。

「ごめんなさい失礼すぎました、ところで、これから会いませんか、失礼のお詫びがしたいな」

と誘ってみます。

機嫌を直してあっさりOKを貰いました。

待ち合わせの場所に立っていたのは何と3軒先の奥さんです。

僕は、自家用車で通勤をしています。

通行人に車の中を覗かれるなが嫌で暗めなスモークを窓に貼っています。

そうです、この奥さんは僕の顔は知らないと思います。

「ショットの方ですか」

と声を掛けてみました。

少し、怒った風に

「そうです」

と答えが返ってきました。

「失礼なことばかり聞いてすいません、このあとどうします?」

と顔色を伺います。

「若い男女がデートをしているんじゃないんだから気が利かない人」

と思っているのが手に取るように分かります。

ここはもう少し焦らして後でこれをネタにタップリ攻めようと思います。

「僕、チョット疲れてるんで、お茶とか飛ばして、ホテル、いいですか、ゆっくり座りたいんで・・」

「この人大丈夫なの?」

という顔をしてこちらを見て

「はい」

と返事を貰いました。

奥さんの手を取り「手をつなぎます」若いつきあい始めたばかりの男女のように、そして何もしゃべらずにホテルの部屋へ入ります。

優しくハグをして大事に大事に奥さんの服を脱がせていきます。

服の上から欲求不満で一杯に膨らんだ胸を優しく触ります。

キャミソールに手を入れブラの上から乳房を荒く優しく揉んでいきます。

「勿体ない・・こんなに魅力的なおっぱいに旦那さんは、飽きちゃったのかな」

下に手を入れ二本の指でその形を確かめます。

指を奥さんの前にさしだし

「これが奥さんのニオイですよ、嗅いだことありますか、奥さんの体は正直ですよ、抱いて抱いてって泣いてるじゃないですか」

身に付けている服を全て脱がし、立ったまま、乳房を口に頬張り両胸を等しく愛撫します。

乳首がつんと立ちもっと嘗めてと誘っています。

舌を体中に這わせながら

「可哀想に・・」

と呟きます。

ベットに倒し耳、首筋、乳房と何度も何度も繰り返し愛撫を続けます。

「奥さんの体、魅力的ですよ、柔らかい乳房、つんと立った乳首、旦那に嘗められてなくて本当に感謝ですよ、茂みも僕好みです」

と脚を広げ手の平で大事な所を揉みながら中指を挿入してみます。

中指と人差し指を一緒に挿入するとキュット締まりました。

胸を揉んでいた手を離し大きくなったペニスを挿入します。

奥さんの腰を持ち上げ出したり入れたりペニスが持続する限りハメマクリ奥さんのあそこは悲鳴をあげ始めています。

まだまだ、離しません。

奥さんの体をうつぶせにさせ腕を立たせ後ろから攻めます。

奥さんの腕は自分の体を支えきれなくなり何度もベットに倒れます。

こちらを向かせ乳首に吸い付き、手でこれでもかというばかりに揉みまくり舌で乳首を転がします。

ペニスを引き抜き、発射。電話番号を書いて奥さんに渡しました。

勿論、「3軒隣」はいいません。

一週間後奥さんから電話がありました。


PAGE TOP